トライアンフの走りを極める、第4回ライディングアカデミーの参加者募集

サーキット走行
サーキット走行全 4 枚写真をすべて見る

トライアンフ モーターサイクルズ ジャパンは「第4回トライアンフ・ライディング・アカデミー(TRA)」を4月3日、千葉県袖ケ浦フォレストレースウェイにて開催。参加者の募集を開始した。

TRAは、初めてサーキットを走る人、初級、中級者を対象に、一般道やサーキットでのライディング技術向上と、安全に、かつ安心して走るためのライディングテクニックを習得することをコンセプトにした講習会。自分が乗っているトライアンフが一体どういう性質なのか、どうすればもっとうまく操れるのかを実技講習などを通じて、より一層理解し、ライディングテクニックを習得する。

講習内容は、座学、パイロンコースを利用した実技講習、サーキット走行など。まず、サーキットの駐車場に設置したパイロンコースで実技講習を行い、その後にサーキットコースを走行。その後も、駐車場での講習とサーキット走行を繰り返し行って練習する。実践的な練習を繰り返すことで、オートバイを操るテクニックを身につけることができる。講師は、バイクジャーナリストのケニー佐川氏、テクニカルアドバイザー日比氏、テクニカルアドバイザー前田氏の3名。

参加資格は、トライアンフの『ストリートトリプル』、『スピードトリプル』、『デイトナ』等、ロードスター系のオーナー、およびトライアンフに興味のある人。イベント参加車両はトライアンフ車両のみとなるため、当日はレンタル車両として『ストリートトリプルRS』、『ストリートトリプルR ロー』、『ストリートトリプルS』、『トライデント660』(2台)をレンタル料金1万円で用意する(5台限定のため抽選)。また、当日はフルフェイスヘルメットやライディングブーツなど、サーキット走行に適したウエアや安全装備が必要となる。

サーキット駐車場での基礎トレーニングサーキット駐車場での基礎トレーニング

申し込みは専用ウェブサイトから。参加料金は1名あたり2万3800円(リピート参加は20%オフ)で、定員は30名。申込み締切は、3月22日もしくは定員に達した場合となる。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 幻の日産「MID4」がついに現実に!? 謎のアルピーヌ開発車両をスクープ
  2. ホンダ、3列シートの小型SUV『BR-V』新型を発表…インドネシア
  3. 【スズキ ワゴンRスマイル 新型試乗】スライドドアだけじゃない、ひと味違う「こだわりワゴン」…島崎七生人
  4. 21世紀に開業、SLや新幹線もあった…来春に廃止の方向、函館本線流山温泉駅
  5. ロータス『エミーラ』に405馬力スーパーチャージャー、「V6ファーストエディション」を欧州発表
  6. 車名は「GR S」に!? トヨタ GRヤリス がさらなるパワーアップ、迫力の外観を激写
  7. ホンダ シビック 新型、日本にない2.0リットル自然吸気エンジン設定…米国発売
  8. トヨタ ヤリス など、39車種11万台をリコール…事故自動緊急通報装置などに不具合
  9. 【あと24時間アンケート】スバル WRX 新型…第一印象おしえて
  10. 【プジョー e-208 新型試乗】プレミアムコンパクトカーの象徴的な存在…渡辺陽一郎
ランキングをもっと見る