トヨタの最高級ミニバン『グランエース』をシェア カレコカーシェアリングが導入

トヨタ・ランエース
トヨタ・ランエース全 2 枚写真をすべて見る

カレコ・カーシェアリングクラブは、3月12日より、東京都渋谷区の「セルリアンタワー(地下3階駐車場)ステーション」に、トヨタの高級ミニバン『グランエース』を導入すると発表した。

カレコはこれまでも、大人数で快適に移動したいというニーズに応えるべく、トヨタ『アルファード』や『ハイエースワゴン』など、乗車人数や利用シーンに合わせて選べる9車種、1277台のミニバンやワゴンを導入してきた。そして今回、上質かつ快適なプライベート空間で、ゆったりとくつろぎながら特別な時間を過ごしてもらいたいという想いから、フルサイズワゴン、グランエースを導入する。

グランエースは、アルファードより一回り大きな、全長5300mm、全幅1970mm、6人乗り3列シートのプレミアムグレードだ。リヤ席1列目、2列目に、ワンランク上の座り心地を提供する、エグゼクティブパワーシートを装備。電動でオットマンの調整・収納とリクライニング操作ができる。また、ゆとりある後席スペースを確保したまま、約90リットルのスーツケースを立てて積載できるなど、収納力にも優れている。

利用料金は、6時間パック1万0900円、12時間パック1万2900円など。

トヨタ・ランエーストヨタ・ランエース

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ