バス利用者の行動変容を促進 日立と西鉄が実証実験を実施へ

ウェブアプリ利用イメージ
ウェブアプリ利用イメージ全 3 枚写真をすべて見る

日立製作所と西日本鉄道は3月10日、ニューノーマルに対応した移動と経済活性化を両立するために、公共交通機関利用者の行動変容を促す実証実験を3月17日から実施すると発表した。

実証実験は、西鉄バスの福岡市の天神・博多エリアを通る便を対象に、スマートフォンで使えるWebアプリを用いて実施する。実験参加者がWebアプリで経路検索を行うと、事前に入力した参加者の好み、天候を加味した交通混雑予報、商業施設のリアルタイム混雑情報、目的地への経路情報を組み合わせて、混雑を回避するルートや時間の過ごし方などの移動パターンが表示される。これによって参加者の行動変容を促して、混雑を緩和・回避して「密」を作らない安全・快適な移動を実現する。

日立と西鉄は、交通データを分析して最適なバスダイヤ編成を支援する次世代バス事業で協業するなど、利便性の高い持続可能な公共交通モデルのあり方を検討してきた。両社は、今回の実証実験を通じてストレスフリーな移動による交通機関利用者の利便性向上と同時に、移動の平準化や分散、商業サービスへの誘客やピークマネジメントの実現を目指す。

《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ