AIでルート配送を最適化する技術、沖電気が有効性を確認

スト最小型ルート配送最適アルゴリズムのイメージ
スト最小型ルート配送最適アルゴリズムのイメージ全 1 枚写真をすべて見る

沖電気工業は3月15日、ロンコ・ジャパンの協力を得てAI技術を使ってルート配送を最適化する技術の有効性を、実証実験で確認したと発表した。

沖電気はAIを用いた最適化技術で、配送先と順番、車輛への荷物積載の内訳など、配送計画に基づく配送総走行距離を最小化する「解」を自動で導出する「コスト最小型ルート配送最適アルゴリズム」を開発した。従来、車両配送ルートを最適化するサービスはあったが、複数の車で荷物を分割配送するような複雑なケースでは人手に頼らざるを得なかった。

開発したアルゴリズムは、1拠点に1台で一括配送するケースから複数車輌で荷物を分割して配送するケースまで、多様な配送パターンの条件を自動分析しながら、走行距離・コストが最小となる最適解を算出できる。

2月に実施した実証実験では、ロンコ・ジャパンの実際の配送案件について配送要件確定から配送開始までの限られた時間内で配送計画を策定した。

アルゴリズムによる計画に基づいた車両13台の配送総走行距離が、配送計画の策定に熟達した人手による算出結果よりも1日当たり約300km少ないことを確認した。さらに、アルゴリズムの策定した計画に則って実際に配送し、選定したルートで走行上の問題がないことも確認したとしている。

《レスポンス編集部》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 幻の日産「MID4」がついに現実に!? 謎のアルピーヌ開発車両をスクープ
  2. 21世紀に開業、SLや新幹線もあった…来春に廃止の方向、函館本線流山温泉駅
  3. ホンダ、3列シートの小型SUV『BR-V』新型を発表…インドネシア
  4. 【スズキ ワゴンRスマイル 新型試乗】スライドドアだけじゃない、ひと味違う「こだわりワゴン」…島崎七生人
  5. ロータス『エミーラ』に405馬力スーパーチャージャー、「V6ファーストエディション」を欧州発表
  6. 車名は「GR S」に!? トヨタ GRヤリス がさらなるパワーアップ、迫力の外観を激写
  7. トヨタ ヤリス など、39車種11万台をリコール…事故自動緊急通報装置などに不具合
  8. ホンダ シビック 新型、日本にない2.0リットル自然吸気エンジン設定…米国発売
  9. 【あと24時間アンケート】スバル WRX 新型…第一印象おしえて
  10. 【プジョー e-208 新型試乗】プレミアムコンパクトカーの象徴的な存在…渡辺陽一郎
ランキングをもっと見る