GWも青函トンネル内で新幹線の高速走行…東京-新函館北斗間は3時間54分、前回最速より1分短縮

青函トンネルを走行中の北海道新幹線車内。2016年5月。
青函トンネルを走行中の北海道新幹線車内。2016年5月。全 4 枚写真をすべて見る

JR北海道は3月18日、北海道新幹線の青函トンネル内における210km/h運転をゴールデンウィークにも実施すると発表した。

時間帯区分方式によるこの運転は、前回、2020年12月31日から2021年1月4日まで実施されたが、今回は5月3~6日の4日間、各日始発から15時30分頃までの間、上下各7本の定期『はやぶさ』で実施。5月4・5日は下りの臨時『はやぶさ9号』でも実施される。

これにより東京~新函館北斗間の最速到達時間は、前回の高速走行より1分、通常より3分短縮した3時間54分となる。

なお、この高速走行に伴ない、接続する新函館北斗~函館間の在来線連絡列車『はこだてライナー』については、函館行き4本、新函館北斗行き7本の時刻が1~3分程度繰り下げられ、関連して函館行き普通列車1本も時刻繰下げとなる。

今回の北海道新幹線高速走行ダイヤ。始発から奥津軽いまべつ15時34分着『はやぶさ34号』までの列車で実施される。なお、『はやて93号』『はやぶさ1・19号』は、木古内駅の発時刻を繰り上げる。また『はやて91号』は、新青森発から3分繰り下げることで、木古内の着発時刻を変更しない。今回の北海道新幹線高速走行ダイヤ。始発から奥津軽いまべつ15時34分着『はやぶさ34号』までの列車で実施される。なお、『はやて93号』『はやぶさ1・19号』は、木古内駅の発時刻を繰り上げる。また『はやて91号』は、新青森発から3分繰り下げることで、木古内の着発時刻を変更しない。

また、特急『北斗』が運行されている函館~札幌間の在来列車では、5月2~5日、快速『エアポート』1本が新札幌~札幌間で1分程度、普通列車5本が1~6分程度時刻変更される。

一方、この高速走行で貨物列車の運行に影響を受けるJR貨物は、「必要な輸送力を確保するよう関係各所と調整を進めております」としており、3月中に詳細な運行計画を発表するという。

新幹線の高速走行に伴ない、多くの列車で時刻が変更される在来線連絡列車『はこだてライナー』。2016年5月。新幹線の高速走行に伴ない、多くの列車で時刻が変更される在来線連絡列車『はこだてライナー』。2016年5月。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ