ホンダ CB125R、DOHCエンジン搭載でパワーアップ 新型発売へ

ホンダ CB125R(マットガンパウダーブラックメタリック)
ホンダ CB125R(マットガンパウダーブラックメタリック)全 3 枚写真をすべて見る

ホンダは、DOHCエンジン搭載で出力向上を図った新型『CB125R』を4月22日より発売する。

CB125Rは「“SPORTS ROADSTER" Prologue バイク本来の乗る楽しさを」を開発コンセプトに、CBシリーズのエントリーモデルとして2018年3月に発売。コンパクト&ダイナミックなスタイリングと市街地からツーリング走行まで幅広いシチュエーションで使えるモデルとして好評を博している。

今回、伸びやかな加速性能と最高出力の向上を図るため、吸・排気効率に優れ、高回転化を可能とするDOHCエンジンを採用。従来の最高出力13ps/最大トルク10Nmから最高出力15ps/最大トルク12Nmにパワーアップし、日常の移動からワインディングまで幅広いシチュエーションに対応するエンジン特性とした。

また、倒立フロントフォークには、『CB1000R』や『CB650R』などに採用するSFF-BP(セパレート・ファンクション・フォーク・ビックピストンタイプ)を125ccクラスに初採用。優れた路面追従性と軽量化を両立した。さらに、安定した減衰力を発揮する分離加圧式リアサスペンションと高張力鋼板製のスイングアームを組み合わせることで、乗り心地と軽快感のあるハンドリングを実現した。

ホンダ CB125R(パールスモーキーグレー)ホンダ CB125R(パールスモーキーグレー)

カラーバリエーションでは、マットガンパウダーブラックメタリックとパールスモーキーグレーの2色を新たに採用。継続色のキャンディークロモスフィアレッドと合わせて全3色とした。また、各カラーのフロントフェンダーを燃料タンクと同色にすることで凝縮感のあるダイナミックなプロポーションを強調するとともに、フロントフォークのアウターや前後ホイールをブラウン系に色調を合わせることで、上質感を追求した。

価格は47万3000円。純正アクセサリーにはスポーツグリップヒーターを新たにラインアップした。

ホンダ CB125R(キャンディークロモスフィアレッド)ホンダ CB125R(キャンディークロモスフィアレッド)

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ