スバル BRZ 新型、2021年SUPER GT参戦車両のカラーリング発表

SUBARU BRZ GT300カラーリングデザイン
SUBARU BRZ GT300カラーリングデザイン全 3 枚写真をすべて見る

SUBARU(スバル)とスバルテクニカインターナショナル(STI)は4月5日、2021年SUPER GTに参戦する「SUBARU BRZ GT300」のカラーリングを発表した。

スバルとSTIはSUPER GT GT300クラスに、新型『BRZ』をベースとした「SUBARU BRZ GT300」で参戦。チーム総監督は小澤正弘氏、チーム運営は2020年に引き続き「R&D SPORT」、ドライバーは井口卓人選手と山内英輝選手の2名の体制で臨む。

2021年シーズンのカラーリングは、SUBARUブルーをベースに、強さと速さを表現するべく、STIのコーポレートカラーであるチェリーレッド/ブラック/ホワイトを組み合わせたレーシングストライプをボディ中央に配したことが特徴。今シーズンは新たに「KeePer技研」、「スバル用品」、「富士部品工業」がパートナーに加わり、協賛各社のコーポレート&ブランドロゴが映えるデザインに仕上げている。

新カラーリングは4月10日、11日開催の「SUPER GT 開幕戦 岡山国際サーキット」で披露。2021年の参戦車両は、「ライトウェイト・コーナリングマシン」をコンセプトに、これまでレースで磨き続けてきた技術と知見を余すことなく盛り込むことで、全戦ポイント獲得、そしてシリーズチャンピオンを目指す。

SUBARU BRZ GT300カラーリングデザインSUBARU BRZ GT300カラーリングデザイン

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ