トヨタ、「KINTOヨーロッパ」設立…6種類のサービスを欧州展開

欧州向けトヨタ「KINTO」のイメージ
欧州向けトヨタ「KINTO」のイメージ全 4 枚写真をすべて見る

トヨタ自動車(Toyota)の欧州部門のトヨタモーターヨーロッパは4月6日、「KINTOヨーロッパ」をドイツ・ケルンに設立した、と発表した。

「KINTO」は、顧客と車との新しい関係を提案するサブスクリプションサービスだ。KINTOでは、税金や保険の支払い、車両のメンテナンス等の手続きをパッケージ化した月額定額サービスを用意する。好きな車や乗りたい車を自由に選べる。すでに、日本市場で導入されている。

トヨタモーターヨーロッパは、このKINTOを欧州市場に導入する。欧州向けのKINTOは、欧州のユーザーの嗜好に合わせて、6種類のサービスを設定しているのが特長だ。

「KINTO One」は、車両とメンテナンスサービス、自動車保険を組み合わせて、1か月ごとに支払う。車を簡単に所有できるフルサービスリースになる。

欧州向けトヨタ「KINTO」のイメージ欧州向けトヨタ「KINTO」のイメージ

「KINTO Share」は、ハイブリッド車を使ったカーシェアリングサービスだ。欧州のいくつかの都市ですでに実施しているトヨタの既存のカーシェアリングサービス「Yuko」は、KINTOブランドに変更される。

「KINTO Join」は、ライドシェアサービスだ。毎日の通勤で相乗りを行うことにより、CO2排出量を削減し、従業員と企業の両方に利益をもたらすことを目指す。「KINTO Ride」は、ライドヘイリングサービスとなる。

欧州向けトヨタ「KINTO」のイメージ欧州向けトヨタ「KINTO」のイメージ

「KINTO Flex」は、サブスクリプションベースのカーリースサービスだ。「KINTO Go」は、マルチモーダルアグリゲーターとして、旅行の計画、公共交通機関のチケットの手配、駐車場などのサービスを提供する、としている。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ