若桜鉄道の「ハヤブサ」列車、新型にモデルチェンジ 4月29日から運行開始

新デザインの隼ラッピング列車
新デザインの隼ラッピング列車全 6 枚写真をすべて見る

鳥取県の郡家(こおげ)駅(八頭町)と若桜(わかさ)駅(若桜町)を結ぶ若桜鉄道は、スズキ製大型バイク『隼(ハヤブサ)』にちなんだ新しいラッピング列車を4月29日から運行する。

隼のラッピング列車は、若桜鉄道にある隼駅(鳥取県八頭町)が『隼』のライダーたちが集まる聖地のような存在になっていることから、町おこしの一環として2016年3月から運行されており、同駅では2009年からスズキの協賛で隼駅まつりが行われている(2020年は中止)。

新ラッピング列車は、もちろん今年13年ぶりにフルモデルチェンジした新型をモチーフとしたもの。赤または青をベースとした2種類が用意される。なお、現在運行中の隼ラッピング列車は、4月9日までの運行となる。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【日産 ノートオーラ 新型試乗】「よくできました」けど今時じゃ普通?…中村孝仁
  2. 隠れた鉄道ジャンクション、蒲田で「電車まつり」…3社駅長が集合 10月26-31日
  3. 「原付2種」は最強のシティコミューターなのか? 主要3メーカーのスクーターを乗り比べ
  4. 【ハーレー スポーツスターS 試乗】ポルシェも乗り越えた水冷化!初めてのハーレーにうってつけな「S」…青木タカオ
  5. マニアック?! 懐かしの名車210台が集結…カーフェスティバルin川島町
  6. 電動化してはいけない!! 第1位は日産 GT-R…発表【48時間アンケート】
  7. 電動化すべき!! 第1位はトヨタ ハイエース、そして…発表【48時間アンケート】
  8. 【スズキ 新型「Hayabusa」徹底試乗インプレッション】真の“究極”を求め大人のスポーツバイクへと華麗に進化PR
  9. 三井ダイレクト損保、バイク保険の取扱い開始
  10. ジープ初のグレイカラールーフ、限定発売へ…コンパス「Sモデル」
ランキングをもっと見る