フィアット パンダクロス4×4、限定215台で発売へ---専用デザインと優れた走破性

フィアット パンダ クロス 4×4
フィアット パンダ クロス 4×4全 9 枚写真をすべて見る

FCAジャパンは、フィアット『パンダ』に専用の内外装デザインや高い走破性を特徴とする限定車「パンダクロス4×4」を設定し、4月24日より215台限定で発売する。価格は263万円。

コンパクトな車体でありながら、5名乗車が可能な優れた居住性や積載性を備えた「パンダ」。その使い勝手の良さに、SUVらしい高い走破性とデザインを付加し、より多目的なコンパクトクロスオーバーとして生まれたのがパンダクロス4×4だ。

エクステリアは、タフな走りを予感させる専用デザインのフロント/リアバンパーやサイドモールディングに加え、専用15インチアルミホイール+175/65R15タイヤを装着。ボディ下部や足回りを力強く演出する。さらに専用ルーフレールを備え、クロスオーバーらしいデザインを向上。これらの変更によりボディサイズは全長3705mm(ノーマル比+50mm)×全幅1665mm(同+20mm)×全高1630mm(同+80mm)と若干拡大している。ボディカラーには標準モデルには設定のないモードグレーを基調に、ライトの周りやバンパーやサイドモールディングなどをブラックとした専用仕立てとなっている。

インテリアは、ブラック/ブラウンの専用ファブリックシートを採用するとともに、シートヒーターを装備し、冬季や季節の変わり目でも快適なドライブを実現。またエアコンもマニュアル式からフルオート式へとアップグレードしている。

フィアット パンダ クロス 4×4フィアット パンダ クロス 4×4

パワートレインは、ベース車と同じ875cc直列2気筒ターボ「ツインエア」エンジンに、限定車専用の6速MTと四輪駆動システムの組み合わせ。高い走破性を発揮すると同時に操る楽しみを提供する。また、オフロード走行のドライブモードや、急坂を一定の低速で下れるように自動制御するヒルディセントコントロール機能を備え、悪路も安心して走行できる。

《纐纈敏也@DAYS》

【画像】フィアット パンダクロス4×4、限定215台で発売へ---専用デザインと優れた走破性(9枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 塗るだけで黄ばみ・白化を除去、呉工業がヘッドライト用クリーナー&コーティング剤を発売
  2. 前代未聞!20代女子がホワイトレタータイヤにどハマり!トーヨータイヤ『OPEN COUNTRY A/T EX』で検証してみたPR
  3. シボレー コルベットZ06 新型、最初の写真 実車は10月26日発表
  4. VW『タイグン』、新型コンパクトSUVをインドで発売
  5. Z900RSの弟分、カワサキ『Z650RS』発売決定! 並列2気筒の新型レトロスポーツ
  6. ケータハム『SEVEN 170』、日本の軽自動車規格に準拠…スズキ製660ccターボ搭載
  7. ジープ グランドチェロキー 新型、2列シート仕様になる可能性 9月29日デビュー決定
  8. ジープ ラングラー『ウィリス』にオフロード性能追求の「リーコン」 10月米国受注開始
  9. 日産の新型商用車『タウンスター』、EV版の航続は285km…欧州発表
  10. フィアット 500EV に全身レッド仕様、ウイルス対策装備も…欧州発表
ランキングをもっと見る