ヤマハ ボルトRスペック、2020年モデル発売へ…カジュアルで上質なブルーとシンプルで力強いブラックの2色を新設定

ヤマハ・ボルトRスペックABS
ヤマハ・ボルトRスペックABS全 8 枚写真をすべて見る

ヤマハ発動機は、大型クルーザーモデル『ボルトRスペックABS』のカラーリングを変更し、2021年モデルとして6月8日に発売する。

ボルトは、「Ultimate Purely Bobber」をデザインコンセプトに、外装をシンプルに仕上げるカスタムトレンドのひとつ「ボバースタイル」を再現したクルーザーモデル。ゴールドのリザーバータンク付きリアサスペンションや切削加工を施したキャストホイールなどを装備。そのスタイルと941cc空冷Vツインエンジンによるスポーティな走りで多くのライダーに支持されている。

2021年モデルは2色を新設定する。ブルーは親しみやすくカジュアルな中にもヘリテージテイストを感じさせ、シンプルなグラフィックとともに上質感漂うカラーリング。ブラックは定番色でありながら、ダークトーンのグラフィックを採用することで金属パーツの質感を際立たせ、力強い存在感をアピールしている。

価格は104万5000円。

ヤマハ・ボルトRスペックABSヤマハ・ボルトRスペックABS

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ