関空アクセス列車を減便、高師浜線は3年ほど運休に…南海の5月22日ダイヤ改正

南海の関空特急『ラピート』。速達タイプのαに本数の増減はないが、堺と岸和田にも停車するβは、平日・土休日ともに上下各9本が減便される。
南海の関空特急『ラピート』。速達タイプのαに本数の増減はないが、堺と岸和田にも停車するβは、平日・土休日ともに上下各9本が減便される。全 6 枚写真をすべて見る

南海電気鉄道(南海)は4月20日、南海線系統のダイヤ改正を5月22日に実施すると発表した。

今回の改正は、空港線の減便や「南海本線・高師浜線(高石市)連続立体交差事業」に伴なう高師浜(たかしのはま)線(羽衣~高師浜)の長期運休が柱となっている。

空港線の減便では、特急『ラピート』のうち、難波発8~16時台、関西空港発9~17時台のβを上下各9本減便。空港急行については、一部列車の編成減(8両→6両)や減便(平日4本、土休日2本)を実施する。

高師浜線については、5月22日に大阪府高石市内の南海本線羽衣駅周辺~高石駅周辺間約3.1kmが完全高架化されてから、羽衣~伽羅橋(きゃらばし)間の高架工事に着手することになっているが、「工事中の沿線環境への負担軽減及び工事期間短縮のため」として、完成までの約3年間、バスによる代行輸送が実施されることになっている。

高野線では難波発の終電が繰り上がり、現行の0時25分発堺東行き各停が廃止される。南海本線では22時以降の本数見直しと終電繰上げが実施される。写真は高野線の列車。高野線では難波発の終電が繰り上がり、現行の0時25分発堺東行き各停が廃止される。南海本線では22時以降の本数見直しと終電繰上げが実施される。写真は高野線の列車。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ