マツダ3/CX-30、e-SKYACTIV X搭載車の環境性能向上 CX-30はダンパー特性も見直し

マツダ3 X Lパッケージ(2WD車)
マツダ3 X Lパッケージ(2WD車)全 2 枚写真をすべて見る

マツダは、コンパクトカー『マツダ3』およびクロスオーバーSUV『CX-30』を一部改良し、4月26日より販売を開始する。

今回の一部改良では、マツダ3/CX-30における新世代ガソリンエンジン「e-SKYACTIV X」搭載車の環境性能を向上。ドライバーの意図に応える瞬発力を高めた自在感と走行性能はそのままに、排出ガス性能と燃費を改善した。これにより、一部機種が2030年度燃費基準における減税対象となる。対象車種はマツダ3がe-SKYACTIV X搭載車のファストバックおよびセダンのAT・2WD、ファストバックのMT・サンルーフ付き・2WD。CX-30は、全e-SKYACTIV X搭載車が対象となる。

またCX-30は、乗員すべてが快適に移動を楽しめるよう、全機種にわたって、フロント・リアのダンパー特性を見直し。これにより、荒れた路面走行でのサスペンションの動きを滑らかにし、より自然で穏やかな乗り心地へ改善した。

マツダ3 e-SKYACTIV X搭載車の価格は319万8148円から368万8463円、CX-30の価格は239万2500円から371万3600円。

マツダ CX-30 X Lパッケージ(2WD車)マツダ CX-30 X Lパッケージ(2WD車)

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ