トヨタ・ウーブンプラネット、米国配車サービス会社の自動運転部門を買収

ウーブン・プラネット・ホールディングスのジェームス・カフナーCEO
ウーブン・プラネット・ホールディングスのジェームス・カフナーCEO全 2 枚写真をすべて見る

トヨタグループでソフトウェアを中心としたモビリティの開発を担うウーブン・プラネット・ホールディングスは4月27日、米国で配車サービスを展開するリフト社の自動運転部門「レベル5」を約5億5000万米ドル(約594億円)で買収すると発表した。

リフト社は2012年に設立された、米国とカナダにおける最大の移動・輸送ネットワークの1つ。今回の買収は2021年1月、旧トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント(TRI-AD)から移行して事業を開始したウーブン・プラネットにとって初の案件となる。

今回の買収により、ウーブン・プラネット、ともに開発を進めるトヨタ リサーチ インスティテュート(TRI)、そしてレベル5、世界トップクラスの研究者とソフトウェアエンジニアからなる、約1200人の多様で豊かなリソースと能力を持つ「ドリームチーム」を形成。また、センシング、コンピューティング、ソフトウェア資産に加え、自動運転システム開発に必要な戦略的能力の強化を図るとともに、現在ウーブン・プラネット本社が位置する東京に加え、パロ・アルト(米国サンフランシスコ)、ロンドン(英国)へ開発拠点を拡大する。

さらにウーブン・プラネットとリフト社は、自動運転技術についての協業でも合意。リフト社のシステムと車両データを活用し、ウーブン・プラネットの開発する自動運転技術の安全性と商用化を加速させていく。

ウーブン・プラネットグループウーブン・プラネットグループ

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ