トヨタなど自動車メーカー5社、次世代車載通信機を共同開発へ

新型カローラのコネクテッド機能(参考画像)
新型カローラのコネクテッド機能(参考画像)全 2 枚写真をすべて見る

トヨタ自動車、マツダ、スズキ、SUBARU(スバル)、ダイハツの5社は4月27日、より安全で快適なコネクティッドサービスの早期提供に向け、次世代車載通信機の技術仕様の共同開発に合意したと発表した。

現在、自動車産業に大きな変革をもたらしているCASEの中で、コネクティッド領域については、クラウドサービスやIoT、ビッグデータ、AI等、通信やデータ側の技術や事業が急速に発展。その一方、車載通信機の開発はメーカー各社がそれぞれ取り組んでいることから、同じコネクティッドサービスを提供する場合でも、各社ごとに異なるアプローチでリソースを投入し開発を進めている状況にある。

ユーザーにより安全で快適なコネクティッドサービスを早期に提供するためには、「つながるクルマ」の基本機能である車載通信機の開発を協調領域、アプリケーションやサービス面での開発を自社領域と位置づけ、車載通信機開発の効率化・加速化を実現することで、その共通基盤上でのアプリケーションやサービス面での開発に、より各社が力を注ぐことが可能になる。

今回の合意では、トヨタが開発した車載通信機技術をベースに、スズキ・スバル・ダイハツ・マツダが保有する技術を盛り込みながら、クルマからネットワーク、車載通信機センターまでの接続仕様を共通化した次世代のコネクティッドカー向けのシステムを構築する予定だ。これにより、車両と車載通信機センター間の通信品質がこれまで以上に安定し、オペレーター間の通話がよりクリアに、接続スピードもより速くなるなど、ユーザーにより快適なコネクティッドサービスを提供。また、各社の開発工数を低減し、システム運用や機能追加を含むバージョンアップなどを簡素化することで、設備や人員などリソースの最適化を図っていく。

コネクティッドサービス運用のイメージ図コネクティッドサービス運用のイメージ図

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ