あおなみ線の“競馬場駅”が改称…所在地にちなんだ「港北」駅に 2022年春

あおなみ線の列車。
あおなみ線の列車。全 4 枚写真をすべて見る

名古屋駅(名古屋市中村区)と金城ふ頭駅(名古屋市港区)を結ぶ西名古屋港線(通称「あおなみ線」)を運営する名古屋臨海高速鉄道は4月28日、名古屋競馬場前駅(名古屋市港区)を「港北(こうほく)」に改称すると発表した。

この改称は2022年に名古屋競馬場が愛知県弥富市に移転することに伴なうもので、学識経験者や地域代表などからなる駅名称懇談会の意見を踏まえ、駅が所在する港北町の町名が採用されることになった。改称は同年春を予定している。

これにより、あおなみ線で最も長い駅名は、名古屋市中村区の「ささしまライブ」駅となる。

ちなみに、名古屋競馬場の移転工事は2020年3月に起工されており、その跡地には2026年9~10月に開催される予定の第20回アジア大会のメイン選手村が整備される予定で、これを機に新たなまちづくりが構想されている。

名古屋競馬場前駅の位置。同駅がある港北エリアではアジア大会を契機に「憩い・にぎわいと新たな地域ブランドの形成に向けたまちづくりを推進する」として、新たなまちづくりが構想されている。名古屋競馬場前駅の位置。同駅がある港北エリアではアジア大会を契機に「憩い・にぎわいと新たな地域ブランドの形成に向けたまちづくりを推進する」として、新たなまちづくりが構想されている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ