ステランティス、売上高は14%増 2021年第1四半期決算

ステランティス傘下の各ブランド
ステランティス傘下の各ブランド全 4 枚

ステランティス(Stellantis)は5月5日、2021年第1四半期(1~3月)の決算を発表した。

ステランティスは、FCA(フィアット・クライスラー・オートモビルス)とPSAグループの合併によって誕生した新会社だ。両社の対等合併によって、世界新車販売台数は年間およそ870万台になり、トヨタグループ、フォルクスワーゲングループ、ルノー日産三菱アライアンスに次いで、世界第4位の自動車グループが誕生した。

このステランティスの2021年第1四半期決算は、売上高が370億ユーロ(約4兆8580億円)。前年同期の324億ユーロに対して、14.2%増加した。

第1四半期の市場別の実績では、FCAの主力の北米の売上高が159億1600万ユーロ。前年同期の145億4600万ユーロに対して、9.4%増加した。南米の売上高は21億0100万ユーロ。前年同期の16億0500万ユーロに対して、30.9%増加した。

プジョー 208 新型プジョー 208 新型

PSAグループの主力の欧州の売上高は、160億2900万ユーロ。前年同期の139億6600万ユーロに対して、14.8%増加した。中東とアフリカの売上高は13億1100万ユーロ。前年同期の10億9300万ユーロに対して、19.9%増加している。

中国、インド、アジア太平洋の売上高は8億6500万ユーロ。前年同期の6億4300万ユーロに対して、34.5%増加した。

シトロエン C3 改良新型シトロエン C3 改良新型

ステランティス取締役会のリチャード・パーマーCFO(最高財務責任者)は、「世界的な半導体危機にもかかわらず、第1四半期に力強い収益を上げた。新車販売の増加、プラスの価格設定、商品ラインナップの改善などが要因」と述べている。

《森脇稔》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ミドシップスポーツカー開発開始!!…トヨタ、ダイハツ、スズキ共同
  2. 伊藤かずえ感涙、愛車の日産 シーマ がピカピカになって帰ってきた[写真37点]
  3. 「こいつ…、動くぞ」総排気量7ccの超小型エンジン組み立てキット 予約開始
  4. 伊藤かずえの日産『シーマ』、レストア完了・披露[動画]
  5. マツダ CXシリーズの長男、『CX-9』に2022年型…全車2.5ターボ+AWDに
  6. キャンピングカー人気ランキング…高額軽キャン『AMAHO』が初のランクイン 11月
  7. 【ダイハツ ロッキー 新型試乗】後光がさして見える「e-SMART」の燃費…岩貞るみこ
  8. 【SEMA SHOW 2021】 “トーヨータイヤ イチバン!” 北米市場で圧倒的な支持率を誇るTOYO TIRESに大注目PR
  9. ホンダの新オフロード仕様、「トレイルスポーツ」…第一弾『パスポート』は今冬米国発売へ
  10. ジープ ラングラー、欧州はPHVのみに…2022年モデル
ランキングをもっと見る