スズキ クロスビー など、4車種3万4000台をリコール 走行中エンストのおそれ

スズキ・クロスビー(2018年)
スズキ・クロスビー(2018年)全 3 枚写真をすべて見る

スズキは5月14日、『クロスビー』など4車種について、走行中にエンストするおそれがあるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、スズキ『クロスビー』『ジムニー』『スペーシア』、マツダ『フレアワゴン』の4車種で、2017年9月28日から2019年10月9日に製造された3万4200台。

対象車両は、低圧燃料ポンプのインペラ(樹脂製羽根車)において、成形条件が不適切なため、樹脂密度が低くなって、燃料により膨潤して変形することがある。そのため、インペラがポンプケースと接触して燃料ポンプが作動不良となり、最悪の場合、走行中エンストに至るおそれがある。

改善措置として、全車両、低圧燃料ポンプを対策品と交換する。

改善箇所改善箇所

不具合は29件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発覚した。

《纐纈敏也@DAYS》

スズキ クロスビーの燃費はこちら!

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ホンダ、3列シートの小型SUV『BR-V』新型を発表…インドネシア
  2. 幻の日産「MID4」がついに現実に!? 謎のアルピーヌ開発車両をスクープ
  3. 日産 スカイライン のインフィニティ版、『Q50』の最強グレードは405馬力
  4. 精悍さ際立つブラック仕様、ランドローバー ディフェンダー に日本限定モデル
  5. マセラティ MC20 日本上陸、鈴鹿サーキットでシェイクダウン
  6. 日本再上陸のオペル いつから買えていつから乗れるの?
  7. ポール・ウォーカーに捧げる特別な『GRスープラ』3台限定で発売…トムス×月刊誌Safari
  8. 21世紀に開業、SLや新幹線もあった…来春に廃止の方向、函館本線流山温泉駅
  9. 【スズキ ワゴンRスマイル 新型試乗】スライドドアだけじゃない、ひと味違う「こだわりワゴン」…島崎七生人
  10. 北米SUVオブザイヤー2022、日産やジープが残る…第2次選考9車種
ランキングをもっと見る