ドゥカティ、ハイパーモタード950 に2022年型…3つの異なる選択肢を欧州発表

「SP」にMotoGPを連想させる新しいカラーリング

L型2気筒エンジンはユーロ5規制に適合

2022年モデルは6月発売予定

ドゥカティ・ハイパーモタード 950 SP の2022年モデル
ドゥカティ・ハイパーモタード 950 SP の2022年モデル全 9 枚写真をすべて見る

ドゥカティは5月19日、『ハイパーモタード950』(Ducati Hypermotard 950)の2022年モデルを欧州で発表した。

2022年モデルのドゥカティのハイパーモタード950ファミリーには、3つの仕様があり、ハイパーモタード950、『ハイパーモタード950 RVE』、『ハイパーモタード950 SP』が設定されている。これによって顧客は、ワイディングロードを楽しんだり、市街地を俊敏に駆け抜けたりするために、3つの異なる選択肢を検討することが可能になった。

ハイパーモタード950のデザインの特長は、モタードバイクにヒントを得たスタイル、ツインアンダーシートエグゾースト、リアのトレリスフレームを含めて、メカニカルコンポーネントを外から眺めることができる軽量かつシンプルなシャシー&フレーム構成にある。同じくモタードの世界に触発されたエルゴノミクスは、アップライトなライディングポジションとワイドなハンドルバーにより、優れたコントロール性を追求すると同時に、フラットなシートにより、ライダーは、シートを自由に前後に移動することが可能になっている。

「SP」にMotoGPを連想させる新しいカラーリング

ドゥカティ・ハイパーモタード 950 SP の2022年モデルドゥカティ・ハイパーモタード 950 SP の2022年モデル

2022年モデルの「SP」バージョンの新しいカラーリングは、MotoGPカラーを連想させるものだ。グラフィックラインは、「フリースタイルスポーツ」からヒントを得ており、モーターサイクルのダイナミックで楽しいキャラクターを強調している。

ハイパーモタード950 SPは、ラインナップの最上位モデルに位置づけられる。ストロークが増加したオーリンズ製サスペンション、マルケジーニ製鍛造ホイール、「ドゥカティ・クイック・シフト(DQS)アップ/ダウンEVO」を標準装備しており、他のモデルとの差異化が図られた。

ドゥカティ・ハイパーモタード 950 SP の2022年モデルドゥカティ・ハイパーモタード 950 SP の2022年モデル

L型2気筒エンジンはユーロ5規制に適合

ハイパーモタード950ファミリーは、フラットなトルクを発生する排気量937cc のL型2気筒ガソリンエンジン「ドゥカティ・テスタストレッタ」を搭載している。最大出力は114ps/9000rpm、最大トルクは9.8kgm/7250rpmを獲得する。2022年モデルでは、パワーとトルクの値を変更することなく、全モデルがユーロ5規制に適合している。

ドゥカティ・ハイパーモタード 950 SP の2022年モデルドゥカティ・ハイパーモタード 950 SP の2022年モデル

2022年モデルでは、ギアボックスを改良した。これにより、停止時により容易にニュートラルに入れることができるようになった。『モンスター』や『スーパースポーツ950』と同じテクニカルソリューションを採用したことで、シフトチェンジの精度も高めている。

このシステムは、ギアシフトドラムがベアリング上で回転することにより、作動時のフリクションが低減されている。さらに、ギアレバースプリングの負荷を高めたことにより、中間ポジションでシステムが待機状態に留まることを防止して、より正確なシフトを実現しているという。

ドゥカティ・ハイパーモタード 950 SP の2022年モデルドゥカティ・ハイパーモタード 950 SP の2022年モデル

2022年モデルは6月発売予定

2022年モデルのカラーは、ハイパーモタード950にドゥカティ・レッド、ハイパーモタード950 RVEに「Graffiti」(グラフィティ)と呼ばれるカラーリングが設定された。ハイパーモタード950 SPには、新しいSP専用カラーが登場している。新しくなったハイパーモタード950ファミリーは、2021年6月から正規ドゥカティディーラーで販売される予定だ。

ドゥカティ・ハイパーモタード 950 SP の2022年モデルドゥカティ・ハイパーモタード 950 SP の2022年モデル

ドゥカティの公式サイトには、「コンフィギュレーター」セクションが用意されており、ハイパーモタードファミリーに、さまざまなアクセサリーやオプションを装着して、ウェブ上で好みのバイクを作成することができる。作成した仕様は、最寄りのドゥカティディーラーに送信して、訪問や試乗の予約をすることも可能、としている。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ