ダイハツ グランマックス など、ブレーキランプが点灯しなくなるおそれ リコール

ダイハツ・グランマックス
ダイハツ・グランマックス全 3 枚写真をすべて見る

ダイハツは5月8日、『グランマックス』など、寒冷地仕様車3車種について、ブレーキランプが点灯しなくなるおそれがあるとして、リコール(回収・無償修理)を国土交通省へ届け出た。

対象となるのはダイハツ『グランマックス』、トヨタ『タウンエース』、マツダ『ボンゴ』の寒冷地仕様3車種で、2020年9月7日~2021年3月1日に製造された4164台。

対象車両はヒューズブロック内にあるボデー統合制御コンピュータにおいて、ブレーキランプを制御する回路の設計が不適切なため、ワイパー作動時のノイズによってヒューズブロックに過電流が流れて内部素子が破損するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、最悪の場合、ブレーキランプが点灯しなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、ヒューズブロックの部品番号を確認し、該当するものはボデー統合制御コンピュータを対策品に変更したヒューズブロックと交換する。

改善箇所改善箇所

不具合は71件発生、事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタ クラウン 次期型、確定デザイン…FF? 4WD? SUV? 決着!!
  2. メルセデスベンツ、PHEV開発終了へ...2020年代終わりにはMTも廃止に
  3. ー代限りの名車、BMW『Z8』がクーペで蘇る
  4. スバル レヴォーグ に新型 WRX ゆずりの2.4Lボクサー搭載か!? 10月登場の噂
  5. 「ワンストップ型ETC」社会実験を実施へ 本町山中有料道路
  6. トヨタ、10月も国内14工場27ラインで延べ135日稼働停止へ
  7. 低燃費と経済性に優れたスタンダードタイヤ、横浜ゴム「ブルーアース-Es ES32」発売
  8. トヨタのミニバン、エスクァイア が生産終了…7年の歴史に幕 12月
  9. スバル WRX 30年の歴史---新型は2022年発売[フォトヒストリー]
  10. 交通事故多発交差点、全国ワースト10…大阪市内5か所がランクイン
ランキングをもっと見る