三菱自動車、独自の電動化技術とS-AWC技術を紹介…人とくるまのテクノロジー2021

新型エクリプス クロス(PHEVモデル)システムイメージ
新型エクリプス クロス(PHEVモデル)システムイメージ全 2 枚写真をすべて見る

三菱自動車は、5月26日に開幕した「人とくるまのテクノロジー展2021オンライン」に出展、改良新型『エクリプスクロス』に搭載したPHEVシステムと車両運動統合制御システム「S-AWC」、その融合による「理想前後駆動力配分」を紹介する。

PHEVシステム

改良新型エクリプスクロス改良新型エクリプスクロス

車両前後にモーターを配置したツインモーター4WDとし、インバーターやジェネレーター、駆動用バッテリーなどPHEV専用コンポーネントを最適にレイアウトすることで、SUVとして十分な車内・荷室空間を確保しながら、低重心で優れた前後重量配分の両立。大容量のリチウムイオン電池を搭載し、充電電力使用時走行距離(EV航続距離)は57.3km(WLTC値)と、日常生活のほとんどをEVとして使用でき、またエンジンで発電することで充電せずに長距離移動も可能としている。

車両運動統合制御システム「S-AWC」

S-AWCの中心機能である4WDを軸に、AYC(Active Yaw Control)、ASC(Active Stability Control)、ABSを統合制御。タイヤ能力をバランスよく最大限に発揮させることで、走破性だけでなく、安定性と操縦性も向上させる。さらに人の認知・判断・操作の特性を制御に反映することで意のままの走りを実現。前後駆動力配分、左右輪間トルク移動、四輪ブレーキ配分の3要素を連続的制御することで、リニアリティ(正確性)とレスポンス(応答性、俊敏性)に優れ、ドライバーの感覚に合うシームレスな車両挙動を実現する。

PHEVシステムとS-AWCの融合による「理想前後駆動力配分」

前後独立のツインモーターにより、三菱自動車が理想とする「前後駆動力配分の理論値」を実現。モーターの優れたレスポンスにより走行状況やドライバー操作に合わせ瞬時に前後輪のトルク配分を変えることで、様々な路面状況にて、より安心で快適な運転を提供する。

《纐纈敏也@DAYS》

【画像】三菱自動車、独自の電動化技術とS-AWC技術を紹介…人とくるまのテクノロジー2021(2枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタ『GRカローラ』と『プリウスPHV』次期型は水素エンジン搭載か!? 登場時期は
  2. 撤退したはずのフォード 今でも正規並みのサービスで新車購入が可能という事実
  3. 【トヨタ ランドクルーザー 新型試乗】乗り心地に懐かしさも、やっぱり個性的な車は楽しい…九島辰也
  4. 完成は10年後か 見えてきた外環道東京区間開通 陥没事故の工事区間に動きが
  5. マツダ CX-5 改良新型、新写真を公開…欧州仕様[写真35点]
  6. 世界中のオフローダーを熱くする! 4x4エンジニアリングの最強ホイール「ブラッドレー」に注目PR
  7. レンジローバー スポーツ SVR、トヨタ プラド とチェイス…『007』最新作
  8. 新型「ランドクルーザー」の納期はなぜ長いのか あの地域との深い関係とは
  9. 運転免許の有効期限延長、対象を拡大---12月28日までの免許
  10. トヨタ RAV4 に2022年型、新LEDライトで表情変化…欧州で先行発表
ランキングをもっと見る