『SL大樹』の客車が旧型客車風に…3両目のC11はボイラー修繕が完了

ぶどう色一色に変更されたスハフ14 5。
ぶどう色一色に変更されたスハフ14 5。全 2 枚写真をすべて見る

東武鉄道(東武)は5月26日、『SL大樹』の客車を塗色変更すると発表した。

同列車の客車はJR北海道とJR四国から購入した14系座席車だが、譲渡時は「青20号」という塗色をベースに「クリーム色10号」と呼ばれる帯を付けた、オリジナル塗色だった。

しかし、東武では「SL全盛期の『昭和レトロ・ノスタルジー』な雰囲気をより味わっていただけるよう」として、スハフ14形1両(スハフ14 5)を国鉄時代の旧型客車と同じ「ぶどう色2号」に変更しており、6月19日から運用を開始することになった。

今後はさらに2両を変更するとしており、編成すべてをぶどう色にすることも計画。それまでは青色とぶどう色の混成編成で運行されるという。

復元工事中のC11 123(2020年12月)。復元工事中のC11 123(2020年12月)。

なお、同色の14系は『SL冬の湿原号』用としてJR北海道の釧路運輸車両所にも配置されているが、こちらは戦前の「三等車」をイメージした赤帯が付けられている。

このほか東武では、今冬の復元を目指して作業が進められている3両目の機関車「C11 123」について、ボイラーの修繕作業が終了し、5月26日に施工元のサッパボイラ(大阪市北区)から南栗橋SL検修庫(埼玉県久喜市)に搬入されたと発表している。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 塗るだけで黄ばみ・白化を除去、呉工業がヘッドライト用クリーナー&コーティング剤を発売
  2. BMW 3シリーズ 改良新型の内装をスクープ! 外観は高性能モデル「M340i」か?
  3. レンタル専用キャンピングカー、いすゞ新型シャーシ採用…アソモビ2021でNTBが公開へ
  4. 前代未聞!20代女子がホワイトレタータイヤにどハマり!トーヨータイヤ『OPEN COUNTRY A/T EX』で検証してみたPR
  5. シボレー コルベットZ06 新型、最初の写真 実車は10月26日発表
  6. VW『タイグン』、新型コンパクトSUVをインドで発売
  7. ロールスロイス、新型EV発表へ…9月29日
  8. ケータハム『SEVEN 170』、日本の軽自動車規格に準拠…スズキ製660ccターボ搭載
  9. Z900RSの弟分、カワサキ『Z650RS』発売決定! 並列2気筒の新型レトロスポーツ
  10. ジープ グランドチェロキー 新型、2列シート仕様になる可能性 9月29日デビュー決定
ランキングをもっと見る