【VW T-Roc 新型試乗】導入時よりも“こなれた”クルマに…島崎七生人

VW T-Roc TDI Style Design Package
VW T-Roc TDI Style Design Package全 11 枚写真をすべて見る

なるほど同時に乗り較べてよくわかったのだが、ボディサイズの関係性だけでなく『ティグアン』よりもスポーティかつ軽快で『T-Cross(Tクロス)』よりも上質感が味わえるのが、2車の中間に位置づけられるこの『T-Roc(Tロック)』という訳だ。

試乗車は「TDI Style Design Package」で、実は導入時にこのレスポンス試乗記でもレポートしたモデルとはボディ色まで同一のグレードだった。

VW T-Roc TDI Style Design PackageVW T-Roc TDI Style Design Package
本来であれば新導入された1.5リットルガソリンエンジンを試したいところだったが(試乗は後日、実現させたい)、実は導入時の試乗で、クルマの出来栄えについて全幅で納得できずにいた部分があった。そのことを再確認する目的もあり、今回の試乗車の選択と相成った次第。

結論から言うと、印象はかなり好転した。以前のクルマは、いかにも部品を組み付けたばかりの“渋い感じ”をクルマ全体から受けたものだが、今回は、同等の走行距離の個体同士ながら、ずっと馴染みが出て、クルマの挙動にもしなやかさが増して感じられた。

VW T-Roc TDI Style Design PackageVW T-Roc TDI Style Design Package
おそらくどこかがランニングチェンジされた……というほどの時間は経っていないから、製造ロットが進み、こなれたクルマに仕上がるようになったのでは……と推測する。

今回は山道を走らせたが、“ドライビングプロファイル”でエンジン特性やアクセルレスポンス、シフトプログラム、ステアリングトルクなどを切り替えながら、ワインディング路で気持ちよくスポーティな走りが楽しめることを確認。2リットルTDIエンジンは、素性のいいガソリンエンジン並にストレスなく走る。

それとエンジン回転を上げながら気付いたのは、音と振動の室内への伝わり方がかなり遮断されている点。なので山道を走るような際も平和で快適なドライブが味わえる。内外の同クラスのSUVモデルは今や数多いが、やはり見逃せない実力の持ち主だ。

VW T-Roc TDI Style Design PackageVW T-Roc TDI Style Design Package

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

《島崎七生人》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ