BMW M8ベースの新型スーパーカー?限定モデル? 謎の開発車両がニュルへ

BMW M8をベースとした謎の開発車両(スクープ写真)
BMW M8をベースとした謎の開発車両(スクープ写真)全 11 枚

BMWが開発をおこなう謎の車両が、ニュルブルクリンクで高速テストを開始した。この車両は『8シリーズ』の頂点『M8クーペ』をベースとしており、次世代のハイエンドスポーツか、あるいはM8のスペシャルモデルの開発車両なのか、注目されている。

『ビジョンMコンセプト』から継承されている赤いハイライトで装飾された卵型の3次元グリルを備えている。またバンパーには新しいデザインのエアインテークと、高速でより高いダウンフォースを提供するための新設計のスプリッターを装着している。おそらく、ヘッドライトには『M5 CS』に搭載されたレーザーヘッドライトシステムも装備されるだろう。

BMW M8をベースとした謎の開発車両(スクープ写真)BMW M8をベースとした謎の開発車両(スクープ写真)
またリアクォーターウィンドウの場所にはストライプでカモフラージュされたカーボンファイバー製ベントが装着されているほか、巨大リアウィング、アグレッシブなリアバンパー、スポーティなエキゾーストシステムなどにも注目だ。

フロントとリアのクロスドリルディスクを備えた赤いブレーキキャリパーが「M Performance」のオプションであることや、エアロパーツを装備していることからも、このプロトタイプが「M8 CSL」である可能性もある。

開発車両のベースとなっているM8は、最高出力608psを発揮する3.0リットル直列6気筒エンジンを搭載、コンペティションモデルでは626psまで高められている。この開発車両がM8 CSL、あるいは新型スーパーカーのいずれにせよ、最高出力が700psを超えてくることは確実と言えそうだ。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 米トヨタ、『GRカローラ』準備か…公式インスタにプロトタイプ
  2. 魅力的な“横顔”を見せてくれる、美しい『RAYS』ホイールに履き替える意味PR
  3. 三菱 ふそうエアロエース、左側後写鏡がワンマンバス構造要件に抵触するおそれ…リコール
  4. メルセデスベンツ Eクラス 次期型、プロダクションモデルを初スクープ
  5. テスラユーザーが殺到している「調音施工」BAM シートの効果とは
  6. 日産の次世代クロスオーバーEV『チルアウト』、市販版を英工場で生産へ
  7. 【スバル WRX S4 新型試乗】500万円以下で買えるのは相当なバーゲンプライスだ…中村孝仁
  8. ホンダ、N-VAN 8万5000台をリコール…CVT不具合で走行不能となるおそれ
  9. ポルシェクラシック、旧車のパフォーマンスを向上させるパーツを発売へ
  10. 新型EV『モデルE』、航続750km…ピニンファリーナがデザイン
ランキングをもっと見る