VW史上初の自動運転EVに、『ID.BUZZ』トップモデルは航続550km実現か

VW ID.BUZZ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
VW ID.BUZZ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)全 20 枚写真をすべて見る

VWが現在開発を進める次世代EVミニバン、『ID.BUZZ』市販型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。

デトロイトモーターショー2017で初公開されたID.BUZZは、翌2018年1月のCESにおいて、画像処理用半導体メーカー「NVIDIA」(エヌビディア)とともにID.BUZZに音声、ジェスチャー、顔認識を備えるAIアシスタントを搭載すると発表した。このシステムは車両の所有者を識別し、ドアのロックを解除する機能が含まれている。

捉えたプロトタイプは、VWの商用モデル「T6.1」のテストミュールをまとっているが、T6よりワイド化されているのは明らか。またフロント、リアともにオーバーハングがかなり切り詰められているのが特徴だ。

VW ID.BUZZ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)VW ID.BUZZ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
市販型では、48kWh~111kWhのバッテリーを積み、3つのパワートレインオプションで提供される。ベースモデルは後輪駆動で最高出力は200psを発揮する。111kWhバッテリーを積むトップモデルは、前後車軸にモーターを搭載、システム合計300psを発揮し、航続は342マイル(550km)を実現。オプションとして、太陽光を利用して航続距離をわずかに伸ばすソーラーパネルルーフが用意されるという。

ID.BUZZ市販型は2022年ワールドプレミアが予定されており、貨物バージョンとなる『ID.Cargo』も登場することが確定している。また2025年には、VW史上初となる完全自動運転EVバンに進化する計画も打ち立てられている。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ