非接触非対面のスカイレンタカー・スマートサービス、スマホが鍵になる「バーチャルキー」を採用

スカイレンタカー・スマートサービス
スカイレンタカー・スマートサービス全 4 枚写真をすべて見る

イードとジゴワッツが共同開発した、スマホがクルマの鍵になる「バーチャルキー」が、7月1日からJ-ウィングレンタリースが運営する非接触非対面の「スカイレンタカー・スマートサービス」に採用される

バーチャルキーは、クルマのスマートキーの機能をスマートフォンに置き換えるスマートロックシステム。ジゴワッツの認証基盤技術「JigoAuth」を利用した認証サーバとスマートフォンアプリおよび専用車載器により構成。自動車の鍵の解錠・施錠だけでなく、プッシュスタートボタンの有効化・無効化操作も行うことができる。バーチャルキーでは、既存アプリに鍵の操作機能を直接組み込むAPIや、一時的なスペアキーを発行できるアプリ開発不要のAPIを用意。既存サービスを低コストにオンライン化でき、非対面での鍵の受け渡しを容易に実現する。

バーチャルキーはこれまでも、スマートバリュー「KurumaBase」との連携で、「Patto」サービスとしてスズキディーラーの試乗車などをカーシェア化。NTT東日本の社用車を休日にカーシェア化するNTTル・パルク「ノッテッテ」、マンション住民に向けたEVカーシェアを提供する九州電力「weev」といったカーシェアリングサービスや、中古車販売におけるローンの可能性を広げるIDOM「ガリバースマートローン」などで採用されている。

スカイレンタカー・スマートサービスは、空港や駅など観光拠点を中心に全国224店舗、約9000台のレンタカーサービス「スカイレンタカー」を運営するJ-ウィングレンタリースが7月1日から開始する非接触非対面の高品質なレンタカーサービスだ。専用アプリから車両と日時を選択すれば予約は完了。利用当日も店舗での事前説明等も不要で、好きな時間に出発・返却できる。今後、サービス開始から3年間で合計1000台の車両を「スカイレンタカー・スマートサービス」に対応させる予定だ。

スカイレンタカー・スマートサービススカイレンタカー・スマートサービス

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ