マクラーレン、オフロード電動SUVレース「エクストリームE」参戦へ…2022年

マクラーレンレーシングの「エクストリームE」参戦のティザーイメージ
マクラーレンレーシングの「エクストリームE」参戦のティザーイメージ全 1 枚写真をすべて見る

マクラーレンレーシング(McLaren Racing)は6月11日、2022年に「エクストリームE」に参戦すると発表した。

エクストリームEシリーズは、「フォーミュラE」を立ち上げた団体によって創設された。電動SUVだけで競うモータースポーツのエクストリームEの特長は、絶滅危惧種の生息地のすぐ近くにレース会場を選んでいることだ。

レーシングシリーズの目的は、世界中のモータースポーツファンだけでなく、開催地の政治家、地域社会、当局にも気候変動に目を向けさせることであり、地球温暖化を1.5度に抑えるための取り組みをさらに強化することにあるという。エクストリーム Eシリーズは2021年4月、サウジアラビアで開幕した。

マクラーレンレーシングは現在、F1やインディカー・シリーズに参戦している。2022年から、電動SUVによるエクストリームEに参戦し、モータースポーツ活動を拡大していく。

なお、マクラーレンレーシングは、F1以外のスタッフと外部のスペシャリストを活用して、エクストリームEのチームを立ち上げ、チームはマクラーレンレーシングが運営する、としている。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ