スズキのインド販売は4.6倍、3年ぶりに回復 2021年4-6月

スズキ・ワゴンR 新型(インド仕様)
スズキ・ワゴンR 新型(インド仕様)全 7 枚写真をすべて見る

スズキのインド子会社のマルチスズキ(Maruti Suzuki)は7月1日、2021年4~6月のインド新車販売の結果を発表した。輸出を含めた総販売台数は35万3614台。前年同期の約4.6倍と急回復し、3年ぶりに前年実績を上回った。

35万3614台の販売台数の内訳は、インド国内が30万8095台。前年同期の約4.6倍と伸びて、プラスに転じた。輸出は4万5519台で、前年同期の約4.7倍と、2年ぶりに前年実績を上回った。

車種別では、主力のAセグメントの『アルト』『ワゴンR』『セレリオ』『スイフト』『ディザイア』『バレーノ』『イグニス』『シアズ』などが、合計で20万8750台を販売。前年同期の約4.6倍と回復を果たす。

バンセグメントでは、『イーコ』が2万1783台を販売。前年同期の約4倍と、プラスに転じた。SUVやMPVなどのユーティリティビークルセグメントでは、『エルティガ』や『Sクロス』、『ヴィターラ・ブレッツァ』を含めて、セグメント合計で6万0011台を販売。前年同期の約4.5倍と、3年ぶりのプラスとなった。

スズキ・スイフト (インド仕様)スズキ・スイフト (インド仕様)

軽商用車では、『スーパーキャリイ』が4056台を売り上げ、前年同期の約3.4倍と回復している。

マルチスズキの2020年度(2020年4月~2021年3月)のインド新車販売台数は、輸出を含めた総販売台数が145万7861台。前年比は6.7%減と、2年連続で前年実績を下回っている。

スズキ・ビターラ・ブレッツァ (インド仕様)スズキ・ビターラ・ブレッツァ (インド仕様)

《森脇稔》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ホンダ、3列シートの小型SUV『BR-V』新型を発表…インドネシア
  2. 幻の日産「MID4」がついに現実に!? 謎のアルピーヌ開発車両をスクープ
  3. 日本再上陸のオペル いつから買えていつから乗れるの?
  4. 日産 スカイライン のインフィニティ版、『Q50』に2022年型…最強版は405馬力
  5. 北米SUVオブザイヤー2022、日産やジープが残る…第2次選考9車種
  6. 【あと24時間アンケート】スバル WRX 新型…第一印象おしえて
  7. 21世紀に開業、SLや新幹線もあった…来春に廃止の方向、函館本線流山温泉駅
  8. フォード ブロンコ 新型に高性能な「ラプター」、2022年に登場へ
  9. 【スズキ ワゴンRスマイル 新型試乗】スライドドアだけじゃない、ひと味違う「こだわりワゴン」…島崎七生人
  10. ホンダ シビック 新型、日本にない2.0リットル自然吸気エンジン設定…米国発売
ランキングをもっと見る