ジャガーの仮想EVレーサーは最高速410km/h、実物大モデル発表へ…グッドウッド2021

EV耐久レースカーを最も大胆に解釈した1台

ジャガー『Cタイプ』や『Dタイプ』にインスパイアされたデザイン

1903hpの4モーターで0~96km/h加速1.65秒

ジャガー・ビジョン・グランツーリスモ SV
ジャガー・ビジョン・グランツーリスモ SV全 22 枚写真をすべて見る

ジャガーカーズ(Jaguar Cars)は7月5日、英国で7月8日に開幕する「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」において、仮想EVレーシングカーのジャガー『ビジョン グランツーリスモ SV』の実物大モデルを、一般向けに初公開すると発表した。

EV耐久レースカーを最も大胆に解釈した1台

ジャガー・ビジョン・グランツーリスモ SVジャガー・ビジョン・グランツーリスモ SV

ジャガー ビジョン グランツーリスモ SVは、ジャガーがデザインを手がけ、「ジャガーSV(スペシャルビークルズ)」がエンジニアリングを担当したEVレーシングカーだ。ジャガー ビジョン グランツーリスモ SVは、ジャガーによるEV耐久レースカーを最も大胆に解釈した1台で、24時間耐久レースでの成功を目指して開発が行われたという。

ベースになっているのは、2019年10月に発表されたジャガー『ビジョン グランツーリスモ クーペ』だ。ジャガー初のビジョン グランツーリスモとなったのが、ビジョン グランツーリスモ クーペ。同車のパワートレインには、軽量コンパクトかつパワフルな電気モーターを搭載し、モーターを駆動するバッテリーは、リチウムイオンを採用していた。

ジャガー・ビジョン・グランツーリスモ SVジャガー・ビジョン・グランツーリスモ SV

モーターはフロントに1個、リア左右にそれぞれ1個の合計3個搭載された。3個のモーターはトータルで最大出力1020ps、最大トルク122.4kgmを引き出す。0~100km/h加速は2秒以下、最高速は322km/h以上というパフォーマンスを想定していた。

ジャガー『Cタイプ』や『Dタイプ』にインスパイアされたデザイン

ジャガー・ビジョン・グランツーリスモ SVジャガー・ビジョン・グランツーリスモ SV

エクステリアはビジョン グランツーリスモ クーペ同様、ジャガーの伝説的レーシングカー、 『Cタイプ』や『Dタイプ』にインスパイアされたものだ。それに加えて、新たにフロントリップスポイラーやヴェンチュリー効果を生むアンダーボディ、大型リアウィングなどが装備されている。

ホイールベースは2721mmに据え置いた。その一方、全長は5540mmで、ビジョン グランツーリスモ クーペよりも861mm長い。これは、トラクションを高めてコーナリングを高速化し、ロングストレートでの高速安定性を高めるために必要なダウンフォースを引き上げるための変更という。

ジャガー・ビジョン・グランツーリスモ SVジャガー・ビジョン・グランツーリスモ SV

エアロダイナミクスに基づく新デザインによって、ジャガー ビジョン グランツーリスモ SVは、より速いコーナリングスピードやロングストレートでの安定性を実現している、と自負する。前面空気抵抗を示すCd値は0.398。320km/h走行時に、483kgのダウンフォースを発生するという想定だ。

1903hpの4モーターで0~96km/h加速1.65秒

ジャガー・ビジョン・グランツーリスモ SVジャガー・ビジョン・グランツーリスモ SV

ジャガー ビジョン グランツーリスモ SVのEVパワートレインは、ビジョン グランツーリスモ クーペの3モーターに対して、フロントアクスルに最大出力407psのモーターを追加し、4モーターへと強化された。各モーターには、シングルスピードトランスミッションが備わり、それぞれの車輪を駆動する電動4WDとなる。

ジャガーが「フォーミュラE」参戦から得たノウハウが注入されたEVパワートレインは、最大出力1903ps、最大トルク342.6kgmのトルクを発揮する。ビジョン グランツーリスモ クーペの最大出力1020ps、最大トルク122.4kgmに対して、パワーは883ps、トルクは220.2kgm上乗せされた。

ジャガー・ビジョン・グランツーリスモ SVジャガー・ビジョン・グランツーリスモ SV

パワフルなEVパワートレインを得たジャガー ビジョン グランツーリスモ SVの想定性能は、0~96km/h加速1.65秒、最高速410km/h。ビジョン グランツーリスモ クーペの0~100km/h加速2秒以下、最高速322km/h以上に対して、さらなるパフォーマンスが追求された。

モーターにパワーを供給するリチウムイオンバッテリーは、液体窒素冷却システムによる熱管理が行われる。ジャガーによると、何周、何時間走り続けても、そのパフォーマンスが低下することはないという。

ジャガー・ビジョン・グランツーリスモ SVジャガー・ビジョン・グランツーリスモ SV

《森脇稔》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【マツダ2 新型試乗】これってホントにマイナーチェンジですよね?…竹岡圭
  2. センターピラーレスの軽自動車、安全性の問題は? そして今後の展開は?
  3. 【日産 ノートオーラ 新型試乗】「小さくても高級」は日本で受け入れられるか?…諸星陽一
  4. ホンダ シビック 「Si」新型、200馬力ターボに「タイプR」のテクノロジー…米国発表
  5. ホンダ シビック 新型、高性能版「Si」のティザー…10月19日米国発表へ
  6. 自転車用スマートヘルメット登場…ドラレコ&Bluetoothスピーカー内蔵
  7. EVならではの必需品…オーナーが持つべき意外なものとは?
  8. ホンダ『CR-V』の兄貴分『パスポート』、米ラリーに参戦…2022年型のタフさを証明
  9. MINI クロスオーバー、内外装「ブラック」の特別仕様車発売
  10. 『タコジラ』って何だ? トヨタがキャンパー提案へ…SEMA 2021
ランキングをもっと見る