所要時間は初代『はつかり』並の12時間…国鉄特急色のE653系が上野-青森間を走破 9月11・12日

国鉄特急色のE653系。特急型電車が久しぶりに上野~青森間全線を走破する。車内では車内放送体験やヘッドマークとの記念撮影といったイベントも用意されている。
国鉄特急色のE653系。特急型電車が久しぶりに上野~青森間全線を走破する。車内では車内放送体験やヘッドマークとの記念撮影といったイベントも用意されている。全 3 枚写真をすべて見る

JR東日本仙台支社とびゅうトラベルサービスは7月21日、「東北本線130周年号」を9月11・12日に運行すると発表した。

1891年に私鉄の日本鉄道が、現在の東北本線・IGRいわて銀河鉄道・青い森鉄道上野~青森間を全通させてから今年で130周年を迎えることを記念して運行されるもので、国鉄特急色のE653系7両編成が、1982年11月改正まで上野と青森を結んでいた特急『はつかり』を彷彿させる、上野~青森間全線を走破する。

時刻は、9月11日運行の下りが上野8時2分発~青森20時15分着(途中、大宮・宇都宮・黒磯・郡山・岩沼・仙台・一ノ関・盛岡・八戸・野辺地の各駅に停車)、9月12日運行の上りが青森8時20分発~上野20時30分着(途中、八戸・盛岡・一ノ関・仙台・福島・郡山・矢吹・宇都宮・大宮の各駅に停車)。

全区間の所要時間は上下とも約12時間で、これは1958年10月に客車特急として運行を開始した初代『はつかり』に匹敵する。

国鉄特急色のE653系国鉄特急色のE653系

旅行商品として運行され、往復乗車プランのほか、上野~仙台間や青森~仙台間に乗車するプランなども用意されている。

申込みは、びゅうトラベルサービスのウェブサイト「日本の旅・鉄道の旅」で受け付けており、青森発と仙台発は大人の休日予約センター東北や東北地方の各びゅうプラザ、駅たびコンシェルジュでも受け付ける。

上野~青森間を現在の東北新幹線『はやぶさ』の4倍もの時間を要していた初代の『はつかり』。東北初の特急で、気動車化や電車化、盛岡以南の廃止を経て、東北新幹線が八戸まで延伸した2002年まで運行されていた。上野~青森間を現在の東北新幹線『はやぶさ』の4倍もの時間を要していた初代の『はつかり』。東北初の特急で、気動車化や電車化、盛岡以南の廃止を経て、東北新幹線が八戸まで延伸した2002年まで運行されていた。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ