乗用車への事故情報記録装置の装備義務付けへ

(イメージ)
(イメージ)全 1 枚写真をすべて見る

国土交通省は7月20日、乗用車に事故情報記録装置の装備を義務付けると発表した。

国際連合欧州経済委員会自動車基準調和世界フォーラム(WP29)第183 回会合で「事故情報記録装置に係る協定規則」が新たに採択されたため、これに対応するため、道路運送車両の保安基準などを改正する。

乗車定員10人未満の乗用車と車両総重量3.5トン以下の貨物車には、事故時の車速や、加速度、シートベルト着用有無など、車両に関する情報を記録する事故情報記録装置の装備を義務付ける。事故発生時の状況を明確にして、事故原因を特定しやすくするのが目的。

パブリックコメントを実施した上で、2021年9月下旬に施行し、2022年7月から適用する予定。

《レスポンス編集部》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 幻の日産「MID4」がついに現実に!? 謎のアルピーヌ開発車両をスクープ
  2. 21世紀に開業、SLや新幹線もあった…来春に廃止の方向、函館本線流山温泉駅
  3. ホンダ、3列シートの小型SUV『BR-V』新型を発表…インドネシア
  4. 【スズキ ワゴンRスマイル 新型試乗】スライドドアだけじゃない、ひと味違う「こだわりワゴン」…島崎七生人
  5. ロータス『エミーラ』に405馬力スーパーチャージャー、「V6ファーストエディション」を欧州発表
  6. 車名は「GR S」に!? トヨタ GRヤリス がさらなるパワーアップ、迫力の外観を激写
  7. トヨタ ヤリス など、39車種11万台をリコール…事故自動緊急通報装置などに不具合
  8. ホンダ シビック 新型、日本にない2.0リットル自然吸気エンジン設定…米国発売
  9. 【あと24時間アンケート】スバル WRX 新型…第一印象おしえて
  10. 【プジョー e-208 新型試乗】プレミアムコンパクトカーの象徴的な存在…渡辺陽一郎
ランキングをもっと見る