最果ての根室本線厚床~根室間で車内販売が復活…販売用ワゴンも登場 8月5日から

日本最東端の駅である東根室駅が控える花咲線のキハ54形普通列車。なお隣の花咲駅は、2016年3月に廃止されている。
日本最東端の駅である東根室駅が控える花咲線のキハ54形普通列車。なお隣の花咲駅は、2016年3月に廃止されている。全 2 枚写真をすべて見る

JR北海道は8月2日、根室本線(花咲線)厚床~根室間で8月5日から車内販売を実施すると発表した。

これは、花咲線釧路~根室間が大正時代の1921年8月に全通してから100周年を迎えることを記念して行なわれるもので、販売用ワゴンを使って沿線の物産品やアイスコーヒー、グッズの販売を行なう。

実施日は8月5~9・14・15・21・22・28・29日、9月4・11・18~20・23・25日で、対象列車は根室11時3分発の釧路行き快速『はなさき』、厚床12時40分発の根室行き普通(8月5・6日を除く)。

JR北海道の車内販売は、自社の客室乗務員による巡回方式の車内販売が2018年6月に、待受方式の販売が2019年3月に終了していた。

花咲線花咲線

一方で、2017年12月に宗谷本線で、2018年2月に石北本線で期間限定で復活していたが、いずれも外部によるもので、今回も外部業者として根室市の有限会社汐彩(しおさい)が担当する。

10月以降の実施日は未定だが、JR北海道では実施会社まで問い合わせてほしいとしている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 幻の日産「MID4」がついに現実に!? 謎のアルピーヌ開発車両をスクープ
  2. ホンダ、3列シートの小型SUV『BR-V』新型を発表…インドネシア
  3. 【スズキ ワゴンRスマイル 新型試乗】スライドドアだけじゃない、ひと味違う「こだわりワゴン」…島崎七生人
  4. 21世紀に開業、SLや新幹線もあった…来春に廃止の方向、函館本線流山温泉駅
  5. 【あと24時間アンケート】スバル WRX 新型…第一印象おしえて
  6. スバル アウトバック 新型、安全性能テストで最高評価獲得…ユーロNCAP
  7. 車名は「GR S」に!? トヨタ GRヤリス がさらなるパワーアップ、迫力の外観を激写
  8. ロータス『エミーラ』に405馬力スーパーチャージャー、「V6ファーストエディション」を欧州発表
  9. トヨタ ヤリス など、39車種11万台をリコール…事故自動緊急通報装置などに不具合
  10. 【プジョー e-208 新型試乗】プレミアムコンパクトカーの象徴的な存在…渡辺陽一郎
ランキングをもっと見る