京急も空港線で再生可能エネルギーによる運行へ…全線で年間約4.3%のCO2を削減 8月から

空港線を走行する1000形。
空港線を走行する1000形。全 2 枚写真をすべて見る

京浜急行電鉄(京急)は8月2日、東京都大田区内の京急蒲田駅と羽田空港第1・第2ターミナル駅を結ぶ空港線で、8月から再生可能エネルギーによる電力での運行を開始すると発表した。

これは、東京電力エナジーパートナー(東電)と「FIT非化石証書付電力」の供給を受ける契約を結び、CO2排出量ゼロとなる電気を空港線の運行に使用するもので、同様の運行は、4月から西武鉄道(西武)山口線でも実施されている

「FIT非化石証書」とは、造り出される電気が化石燃料を使わないものであり、それが固定価格買取制度(FIT)により買い取るものであることを証明するもの。京急では今回の供給により、年間のCO2が一般家庭約1270世帯分に相当する約3457tを削減したとみなされるとしており、京急線全線でも約4.3%の削減に繋がるという。

東電との契約は2022年3月までとされているが、京急ではそれ以降の導入も検討していくとしている。

FIT非化石証書を介した再生可能エネルギーの供給態勢。FIT非化石証書を介した再生可能エネルギーの供給態勢。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 今週注目を集めた記事ランキング…1位はメルセデスベンツのコンパクトミニバン
  2. スバル レヴォーグ に新型 WRX ゆずりの2.4Lボクサー搭載か!? 10月登場の噂
  3. セルスター、受信性能2倍アップの一体型セーフティレーダー 3.7インチモデルを発売
  4. 交通事故多発交差点、全国ワースト10…大阪市内5か所がランクイン
  5. GT-Rを生んだプリンス自動車をご存知ですか?
  6. いすゞトラックばかり---750を超える車両が登場
  7. MINIの世界販売、510万台超え---世界の電動車の5分の1
  8. スズキ、浜松工場の操業停止日を追加---GSX-R1000Rなど二輪車製造
  9. 【BMW 318iツーリング 新型試乗】積極的にこのエントリーグレードを推したい…中村孝仁
  10. トヨタ『GRカローラ』と『プリウスPHV』次期型は水素エンジン搭載か!? 登場時期は
ランキングをもっと見る