ホンダ、競技専用車 CRF250R / CRF250RX をフルモデルチェンジ

ホンダ CRF250RX
ホンダ CRF250RX全 4 枚写真をすべて見る

ホンダは、モトクロス競技専用車『CRF250R』とエンデューロ競技専用車『CRF250RX』をフルモデルチェンジし、10月21日に受注期間限定(8月27日から12月26日)で発売する。

エンジンは、DOHCの特性である高回転域の伸びはそのままに、より低回転域の力強さに焦点をあてて開発している。排気ポート形状のストレート化ならびにバルブタイミングの最適化によって、低回転域での燃焼安定化と排気効率を向上。力強く扱い易いエンジン特性を実現した。また、インジェクターの搭載角度を変更。吸気効率を改善するとともに、エアクリーナーボックスの容積拡大、マフラーを一本化するなど吸排気系を見直すことで、エンジンのトルクフィールを向上した。

クラッチディスクは前モデルの8枚組から9枚組に変更。摩擦材負荷を低減させるとともに、潤滑機能とプライマリーレシオを最適化することで、クラッチの耐久性を向上。また、クラッチスプリングの荷重低減及び細部仕様の見直しによりクラッチレバーの操作荷重を低減した。ミッションアッセンブリーは新作とするとともに、ギアレシオの最適化とシフトドラム形状の変更による軽量化により、幅広い回転域でのエンジンの扱いやすさとシフトフィールを高めた。

ラジエーターは、放熱面積を増やしフィン角度の最適化により、冷却性能を向上。シュラウド形状の見直しにより、空気の流れが改善され冷却効率の更なる向上に貢献している。また吸排気系、駆動系、冷却系のレイアウトを最適化し、高いタフネス性を確保した。

ホンダ CRF250RXホンダ CRF250RX

フレームは、旋回性の高さと安定性を高次元で両立させながら、構造の簡略化や剛性の最適化によりフレーム単体で約1kg、また、細部の見直しにより車両全体ではCRF250Rで4kg、CRF250RXで3kgの軽量化を実現している。前後サスペンションは、競技走行に必要な耐久性向上とともに、悪路での路面の外乱をいなし、路面追従性をより向上させるなど、ライダーの姿勢維持と疲労軽減に寄与している。

CRF250RXは、CRF250Rをベースに、飛び石や枝からレバーへの干渉を抑制するナックルガードや、サイドスタンドを標準装備とし、大型燃料タンクを採用するなど、エンデューロ競技専用車として仕様を充実させたモデル。リアホイールリム径を19インチから18インチに変更したほか、サイドスタンドを新設計し、張り出しを抑えるとともに軽量化を実現している。

ホンダ CRF250Rホンダ CRF250R

カラーリングは、両モデルともにホンダのオフロードモデルの力強さと情熱を表現するエクストリームレッドとしている。

価格はCRF250Rが84万7000円、CRF250RXが86万3500円。

ホンダ CRF250Rホンダ CRF250R

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタの新型ミッドシップ計画は生きていた!? アンダー600万円で出るか「MR2」後継
  2. トヨタ純正ディスプレイオーディオに外部機器を接続する奥の手[サウンドユニット セッティング法]
  3. 最近のクルマはなぜステアリングが太いのか?
  4. スバル、新型車を発表へ…オートモビリティLA 2021
  5. ランボルギーニ『カウンタックLP500』、1台限りで甦る…シェイクダウン完了
  6. 【トヨタ GR 86 & スバル BRZ 新型試乗】私がラリーで使うなら『BRZ』を選ぶかな…竹岡圭
  7. 【ホンダ シビック 新型試乗】硬質感ある乗り心地も、走るほどに好感触…中村孝仁
  8. 世界的な半導体不足、なぜ今起きているのか---その原因と解決への道筋は?
  9. ホンダ、FF最速王者奪還へ!? 新型『シビックタイプR』、ついにニュル降臨
  10. 【洗車機の謎 Vol. 1】えっ、トヨタ『WiLL-Vi』が洗車機を破壊するってホント!?
ランキングをもっと見る