BMW、8シリーズ のアートカーを2022年に発表…少量限定販売

1975年に始まったBMWアートカー

アーティストのジェフ・クーンズと12年ぶりのコラボ

530hpツインターボの「M850i xDrive」がベース

BMW8シリーズ・グランクーペのアートカーの市販バージョン、THE 8 X JEFF KOONS
BMW8シリーズ・グランクーペのアートカーの市販バージョン、THE 8 X JEFF KOONS全 15 枚

BMWは9月4日、アーティストのジェフ・クーンズと協力して、『8シリーズグランクーペ』のアートカーを2022年2月、米国ロサンゼルス初公開すると発表した。その市販バージョンを、少量限定のコレクターズエディションとして、発売する予定だ。

1975年に始まったBMWアートカー

BMW8シリーズ・グランクーペのアートカーの市販バージョン、THE 8 X JEFF KOONSBMW8シリーズ・グランクーペのアートカーの市販バージョン、THE 8 X JEFF KOONS「BMWアートカー」は、レーシングカーのドライバーでアートに造詣の深いフランス人、エルヴェ・プーランとBMWモータースポーツ社の創始者であるヨッヘン・ニーアパッシュが共同で企画したもの。1975年にプーラン氏が所有するBMWのレーシングカーのデザインをアレクサンダー・カルダーに依頼したことをきっかけに誕生した。

それ以降、世界中の著名な芸術家19人が、それぞれの時代のBMWをデザインした。BMWアートカーには、アレクサンダー・カルダーのBMW 『3.0 CSL』(1975年)、マイケル・ジャガマラ・ネルソンのBMW 『M3』(1989年)、ケン・ドーンのBMW M3(1989年)、加山又造のBMW『535i』(1990年)、エスター・マフラングのBMW 『525i』(1991年)、ジェフ・クーンズのBMW 『M3 GT2』(2010年)、ジョン・バルデッサリのBMW 『M6 GTLM』(2016年)などがある。

いずれも異質な芸術表現で、アート、デザイン、テクノロジーの文化的、歴史的な発展を反映したものとなっている。

BMWグループは、世界的に有名な団体やアーティストとパートナーシップを組み、文化の支援と促進に取り組んでいる。相互の尊重と好奇心を通じて、BMWは物理的にも仮想的にも、文化を通じて世界中の人々を結びつけている。BMWは異次元のメディアを探求することで、アートの物理的な限界を押し広げることを目指している。

アーティストのジェフ・クーンズと12年ぶりのコラボ

BMW8シリーズ・グランクーペのアートカーの市販バージョン、THE 8 X JEFF KOONSBMW8シリーズ・グランクーペのアートカーの市販バージョン、THE 8 X JEFF KOONSBMWは、アーティストのジェフ・クーンズと協力して、8シリーズグランクーペのアートカーを2022年2月、米国ロサンゼルス初公開する予定だ。ジェフ・クーンズのBMWアートカーは、2010年のM3 GT2以来、およそ12年ぶりとなる。

8シリーズグランクーペのアートカーの市販バージョンは、「THE 8 X JEFF KOONS」と命名された。正確さや洗練さ、クラフトマンシップを具現化したもので、車体には285時間かけてマルチレイヤー塗装が施される。表現力豊かで印象的なデザインは、ブルー、シルバー、イエロー、ブラックなど、11種類のエクステリアカラーを組み合わせている。

THE 8 X JEFF KOONSは、1週間あたり2台のみが生産される予定。マルチカラーのインテリアは、ハイエンドの素材、上質な革、エディションのエンブレムが装備され、カップホルダーの蓋にはアーティストのサインが添えられる。

シートは、BMW Mカラーの赤と青で仕上げられる。エネルギッシュでパワフルなデザインには、ポップアートの要素と、スポーティな8シリーズグランクーペに敬意を表する幾何学パターンが施されるという。

530hpツインターボの「M850i xDrive」がベース

BMW 8シリーズ・グランクーペの「M850i xDrive」BMW 8シリーズ・グランクーペの「M850i xDrive」THE 8 X JEFF KOONSのベースとなるのは、8シリーズグランクーペの「M850i xDrive」グレードだ。直噴4.4リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載する。Mパフォーマンスのツインパワーターボテクノロジーを導入しており、力強い出力特性を実現する。

最新版では、ターボチャージャー、直噴システム、熱シールドおよび冷却システム、イグニッション、エンジンエレクトロニクスなど、各所に改良が施された。フラップ制御式スポーツエキゾーストシステムが、官能的なサウンドを発するという。

このエンジンは最大出力530hp/5500~6000rpmを獲得する。最大トルクは76.5kgm/1800~4600rpmで、幅広い回転域で最大トルクを得られる特性とした。0~100km/h加速は3.7秒、最高速は250km/h(リミッター作動)の性能を備えている。

8速スポーツAT「ステップトロニック」は、ギア比の幅を拡張するとともに、制御システムを最適化した。これにより、走行状況に応じたシフトタイミングがより正確かつ俊敏になり、効率性や快適性が向上しているという。さらに、マニュアル操作によるシフトチェンジ用に、ステアリングホイールにはパドルスイッチが標準装備されている。

《森脇稔》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 米トヨタ、『GRカローラ』準備か…公式インスタにプロトタイプ
  2. メルセデスベンツ Eクラス 次期型、プロダクションモデルを初スクープ
  3. 魅力的な“横顔”を見せてくれる、美しい『RAYS』ホイールに履き替える意味PR
  4. テスラユーザーが殺到している「調音施工」BAM シートの効果とは
  5. 日本の名車をホットウィールで体感! 実車以上に迫力あるディティールを手のひらで所有する幸せPR
  6. 三菱 ふそうエアロエース、左側後写鏡がワンマンバス構造要件に抵触するおそれ…リコール
  7. 日産の次世代クロスオーバーEV『チルアウト』、市販版を英工場で生産へ
  8. レクサス『RZ』、ブランド初のEV専用モデルはクロスオーバー車に
  9. 【スバル WRX S4 新型試乗】500万円以下で買えるのは相当なバーゲンプライスだ…中村孝仁
  10. ホンダ、N-VAN 8万5000台をリコール…CVT不具合で走行不能となるおそれ
ランキングをもっと見る