トヨタ RAV4 に2022年型、新LEDライトで表情変化…欧州で先行発表

新しいプロジェクタータイプのLEDヘッドライト

欧州向けRAV4初の「アドベンチャー」グレード設定

アドベンチャーのパワートレインはハイブリッドのみ

トヨタ RAV4 の2022年モデル(欧州仕様)
トヨタ RAV4 の2022年モデル(欧州仕様)全 6 枚写真をすべて見る

トヨタ自動車の欧州部門は9月14日、『RAV4』(Toyota RAV4)の2022年モデルを欧州で先行発表した。

新しいプロジェクタータイプのLEDヘッドライト

トヨタ RAV4 の2022年モデル(欧州仕様)トヨタ RAV4 の2022年モデル(欧州仕様)

2022年モデルには、新しいプロジェクタータイプのLEDヘッドライトやLEDフロントフォグランプを採用し、表情が変化した。足元には、新デザインの10本スポークのアルミホイールを装着する。このアルミホイールはグレードに応じて、明るいシルバーとグロスブラックと2種類の異なる仕上げとした。

インテリアでは、新しいLED照明、助手席の電動パワーシート、照明付きウィンドウコントロールスイッチ、移動中のスマートフォンなどの充電に適した新しいUSB-Cポートを採用した。2022年モデルでは、快適さと利便性の向上に重点が置かれている。

トヨタ RAV4 の2022年モデル(欧州仕様)トヨタ RAV4 の2022年モデル(欧州仕様)

欧州向けRAV4初の「アドベンチャー」グレード設定

2022年モデルでは、欧州向けのRAV4として初めて、「アドベンチャー」グレードを設定する。『RAV4アドベンチャー』は、オフロード性能を高めたグレードだ。ルーフレールや樹脂製のフェンダーエクステンションを装備する。ドアミラーはブラック仕上げとし、フロントバンパーには、シルバーのアンダーガードを装着する。アルミホイールやブラックアウトのフロントグリルも専用デザインとして、力強さを演出した。

トヨタ RAV4 の2022年モデル(欧州仕様)トヨタ RAV4 の2022年モデル(欧州仕様)

新しいオールブラックグリルでは、2本の水平バーの中央にトヨタのエンブレムを配置した。トヨタエンブレムが、他のグレードよりも低い位置に置かれており、視覚的なインパクトが大きくなっているという。フロントのフォグランプは、ブラックサラウンド内にセットされている。足元は、マットグレー仕上げの専用19インチアルミホイールで引き締められた。

オプションで、ボディをアーバンカーキ、ルーフをダイナミックグレーで塗装し、フロントピラー、リアスポイラーを組み合わせたツートン仕上げが選択できる。これは、トヨタのクラシックな『ランドクルーザー』(FJ40型)のライトルーフに敬意を表したものだという。

トヨタ RAV4 の2022年モデル(欧州仕様)トヨタ RAV4 の2022年モデル(欧州仕様)

インテリアは、アドベンチャー専用の室内装飾デザインとした。滑らかなブラック合成レザーと、深いキルティングを持つ背もたれと座面部分を組み合わせ、オレンジのコントラストステッチをあしらった。「RAV4 ADVENTURE」のロゴ入りスカッフプレートも装着している。

アドベンチャーのパワートレインはハイブリッドのみ

トヨタ RAV4 の2022年モデル(欧州仕様)トヨタ RAV4 の2022年モデル(欧州仕様)

また、欧州向けRAV4アドベンチャーのパワートレインは、ハイブリッドのみとした。これは、トヨタの欧州戦略に沿うものとなる。例えば、新型『ヤリス』の場合、欧州ではハイブリッドが主力に位置付けられ、日本仕様に設定される1.5リットルと1.0リットルの3気筒ガソリンエンジン搭載車は、一部市場のみに投入される。

欧州向けRAV4アドベンチャーには、2.5リットル直列4気筒直噴ガソリンエンジンと電気モーターとを組み合わせた第4世代のトヨタハイブリッドシステムを搭載する。エンジンとモーターを合わせたシステム全体で、222hpのパワーを出す。

また、インテリジェント4WDの「AWD-i」を搭載する。電気で駆動する後輪の最大トルクを、従来の1.3倍に増やした。走行状態に応じて後輪にトルクを配分する制御を採り入れ、前後の配分を100対0から20対80まで可変できる、としている。

《森脇稔》

【画像】トヨタ RAV4 に2022年型、新LEDライトで表情変化…欧州で先行発表(6枚)
トヨタ RAV4の燃費はこちら!

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【マツダ2 新型試乗】これってホントにマイナーチェンジですよね?…竹岡圭
  2. 【ネクセンタイヤ WINGUARD ice2 試乗】タテとヨコのグリップバランスが良いスタッドレスタイヤ…橋本洋平PR
  3. ブガッティ『チェントディエチ』、気温45度での耐熱テスト完了…320km/hでの走行も
  4. ルノー カジャー 次期型に日産「e-POWER」搭載はあるか? 日本再導入の可能性は
  5. 街で目立つ!!…ドゥカティ スクランブラー にアーバン・モタード[写真15点]
  6. VW『ID.5 GTX』、EV初のSUVクーペ…市販版は11月3日発表へ
  7. 復活の『インテグラ』、これが市販型デザインだ!
  8. 信号機のない横断歩道、止まらない都道府県ワーストは「岡山」…JAF調べ
  9. 観光バス? キャンピングカー? いえモーターホームです…アソモビ2021
  10. ベトナム初の自動車メーカー「ビンファスト」、新型EV発表へ…オートモビリティLA 2021
ランキングをもっと見る