フォードの電動ピックアップトラック、予約は15万台以上…試作生産を開始

米国最量販車のEVバージョン

最新のコネクティビティ「SYNC 4A」

1回の充電での航続は最大483km

フォード F-150 ライトニング のプリプロダクションモデル
フォード F-150 ライトニング のプリプロダクションモデル全 17 枚写真をすべて見る

フォードモーターは9月16日、フォード『F-150ライトニング』(Ford F-150 Lightning)のプリプロダクションを開始した、と発表した。2022年春、米国市場で発売される予定で、すでに15万台以上の予約を獲得しているという。

米国最量販車のEVバージョン

フォード F-150 ライトニング のプリプロダクションモデルフォード F-150 ライトニング のプリプロダクションモデル

フォードモーターは、電動化を加速している。すでに、フォード『マスタング』シリーズの新型EV、フォード『マスタング・マッハE』を米国で発表している。このマスタング・マッハEに続いて、2022年から生産を開始するのが、フォード『F-150』のEV 、F-150ライトニングだ。フォードF-150は、大型ピックアップトラックで、米国のベストセラー車のフォード『Fシリーズ』の主力モデル。フォードモーターは、米国最量販車にEVを設定することにより、電動化を加速していく。

F-150ライトニングでは、内燃エンジン搭載のF-150とは異なるEV専用のエクステリアを採用する。フロントマスクを横切るLEDライトバーが選択できる。空力性能も追求されており、新設計のランニングボード、空気抵抗を減らすためのフロントフード、専用デザインの空気取り入れ口を設けたグリルなどがある。

フォード F-150 ライトニング のプリプロダクションモデルフォード F-150 ライトニング のプリプロダクションモデル

エンジンを持たないフロントフードの中には、多用途の「ハイテクメガパワートランク」が設けられた。この収納スペースは安全にロック可能で、電動開閉システムでアクセスできる。収納スペースは、400リットルの容量を備えており、約180kgまでの荷物の積載が可能。フォードモーターは、機内持ち込み手荷物2個とスーツケース1個、またはゴルフクラブ2セットを収納するのに充分という。

最新のコネクティビティ「SYNC 4A」

フォード F-150 ライトニングフォード F-150 ライトニング

F-150ライトニングには、最新のコネクティビティとして、「SYNC 4A」が初採用される。これは、15.5インチの大型タッチスクリーンを核としたシステムだ。SYNC 4Aは、自然な音声コントロール、クラウドに接続されたナビゲーション、Apple 「CarPlay」、グーグルの「Android Auto」へのワイヤレスアクセス、アマゾン(Amazon)の「アレクサ(Alexa)」や「SYNC AppLink」アプリの車載化を実現している。

ドライバー正面には、12インチのデジタルインストルメントクラスターを採用した。重要な情報を表示するとともに、カスタマイズ可能なインターフェイスを備えている。アニメーショングラフィックスには、回生ブレーキによるバッテリーへの蓄電状況など、各種情報を分かりやすく表示する。

フォード F-150 ライトニングフォード F-150 ライトニング

また、一部のグレードでは、「Phone As AKey」が選択できる。スマートフォンをポケットから取り出すことなく、車両のロックやロック解除が行え、EVパワートレインを起動することもできる。

1回の充電での航続は最大483km

フォード F-150 ライトニングフォード F-150 ライトニング

F-150ライトニングには、フォードモーターの最新の電動化テクノロジーが搭載されている。前後アクスルに搭載されるモーターは標準モデルが最大出力426hp、上位モデルが最大出力563hp。最大トルクは、どちらも107.2kgmを引き出す。強力なツインモーターは4輪を駆動し、上位モデルの場合、0~96km/h加速4秒台半ばの性能を発揮する。最大積載能力は標準モデルで約900kg。牽引能力は上位モデルで4.5トン以上を目標に掲げている。フォードモーターによると、重心が低いため、悪天候や路面状況の悪い場所でも、自信を持って運転できるという。

バッテリーは新世代の水冷式リチウムイオンだ。バッテリーの蓄電容量には2種類があり、1回の充電での航続は標準モデルが約370km、上位モデルが約483km(いずれもEPA認定予定値)となる。

フォード F-150 ライトニングフォード F-150 ライトニング

充電に関しては、自宅向けに80アンペアの充電システムを標準装備した。デュアルオンボード充電システムを利用すれば、さらに高速な自宅での充電を可能にする。フル充電にかかる時間は約8時間。外出先では、北米最大の公共充電ネットワークに「FordPass」を通じてアクセスできる。全米の6万3000か所以上の充電ステーションでは、最大出力150kWでDC急速充電が行える。10分で最大約87kmの航続に必要なバッテリー容量を充電可能。約40分でバッテリーの80%を充電できる、としている。

《森脇稔》

【画像】フォードの電動ピックアップトラック、予約は15万台以上…試作生産を開始(17枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 復活の『インテグラ』、これが市販型デザインだ!
  2. 【マツダ2 新型試乗】これってホントにマイナーチェンジですよね?…竹岡圭
  3. 東京モーターショー2021は史上最高のイベントになっていた?…出品車予想がすごい
  4. ホンダ シビック タイプR 新型のデザインはこれで決定!? トリプルエキゾーストの迫力
  5. ランドローバー ディスカバリー 、新トップグレード設定…2023年型を欧州発表
  6. 観光バス? キャンピングカー? いえモーターホームです…アソモビ2021
  7. ブガッティ『チェントディエチ』、気温45度での耐熱テスト完了…320km/hでの走行も
  8. 【ルノー キャプチャー 新型試乗】短い全長に、1800mmを切る横幅。これだけで「合格!」…岩貞るみこ
  9. 航空自衛隊 F-2B が歓迎フライト…SUPER GT 第7戦 11月7日予定
  10. 痛車400台が大阪・万博公園に集結、コスプレ撮影もOK 10月31日
ランキングをもっと見る