MINIの世界販売、510万台超え---世界の電動車の5分の1

MINI クーパー SE 改良新型
MINI クーパー SE 改良新型全 11 枚写真をすべて見る

MINIは9月15日、世界累計販売台数が510万台以上に到達した、と発表した。このうち、ブランド最大市場の英国本国では、100万台を達成している。

BMWグループは2001年、MINIの生産を開始した。世界販売台数510万台と英国販売100万台は、生産開始からおよそ20年で達成した記録となる。

MINIは現在、電動化を進めている。MINI『ハッチバック』のEVの「クーパーSE」と、MINI『カントリーマン』(日本名:MINI『クロスオーバー』に相当)のプラグインハイブリッド車(PHV)に対する需要が増しており、現在、両車を合わせて、世界の電動車販売の約5分の1を占めているという。

MINIは2025年に内燃エンジンを搭載した最後のモデルを発売し、2027年までに世界新車販売におけるEVのシェアを50%に引き上げる計画だ。 2030年代初頭にMINIは、BMWグループで最初のEVブランドになる、としている。

MINI クーパー SE 改良新型MINI クーパー SE 改良新型

《森脇稔》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 「原付2種」は最強のシティコミューターなのか? 主要3メーカーのスクーターを乗り比べ
  2. マニアック?! 懐かしの名車210台が集結…カーフェスティバルin川島町
  3. ブレーキパッド交換時の選択肢…安全とコストに差が出る!
  4. ウド鈴木も登場…トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバルを開催
  5. エアコンや視界を遮らない、コンソール専用ドリンクホルダー発売 まずはカローラ/RAV4用
  6. 日野自動車、ダカールラリー2022参戦車両を発表…軽量化&加速性能を向上
  7. 世界強度レベルの車体骨格を成形…JFEスチールの工法がレクサス新型で採用
  8. BMW『i4』、4ドアグランクーペEV量産開始…航続は最大590km
  9. カワサキ・メグロK3…ブランド復活、価格は132万円[詳細写真19点]
  10. メルセデスAMG G63の型式指定でミス…性能悪化などの問題はなし
ランキングをもっと見る