トライアンフ タイガー900 ラリープロ にジェームス・ボンド仕様登場…世界限定250台

トライアンフ タイガー900 ボンドエディション
トライアンフ タイガー900 ボンドエディション全 4 枚

トライアンフ モーターサイクルズ ジャパンは9月21日、ともに英国を代表する、ジェームズ・ボンドとトライアンフのパートナーシップを記念した世界250台の限定モデル『タイガー900 ボンドエディション』を発表した。

タイガー900 ボンドエディションは、ジェームズ・ボンド映画最新作「007/ノータイムトゥダイ」で度肝を抜くアクションシーンに登場するアドベンチャーモデル『タイガー900 ラリープロ』にインスパイヤされた特別なモデルだ。

タイガー900 ラリープロをベースに、ユニークで人目を引くマットサファイアブラックのペイントスキームと独自の007グラフィックを採用する。リミテッドエディションナンバーが付いた、ビレット加工のプレミアムハンドルバークランプも装備。フレーム、ヘッドライトフィニッシャー、サイドパネル、サンプガード、ピリオンフットレストハンガーはブラック仕上げとしている。

また、ブラシ仕上げステンレススチール製の軽量アローサイレンサーや、ヒーター付きライダー/ピリオンシート(Bond Editionブランドロゴ入り)を装備する。イグニッションオンでは、フルカラー7インチTFTディスプレイに007アニメーションによる始動画面を表示。エキサイティングな気分を盛り上げる。

トライアンフ タイガー900 ボンドエディショントライアンフ タイガー900 ボンドエディション

ボンドエディションはシリアルナンバー付でサイン入り証明書が付属。また、ノーマルのブリジストン製バトラックスタイヤに加え、ミシュラン製アナキーワイルドオフロードタイヤのペアを同梱する。価格は232万5000円。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ミドシップスポーツカー開発開始!!…トヨタ、ダイハツ、スズキ共同
  2. 「こいつ…、動くぞ」総排気量7ccの超小型エンジン組み立てキット 予約開始
  3. 伊藤かずえの『シーマ』、新車のように復元、NISSAN CROSSINGで12月8日より展示
  4. キャンピングカー人気ランキング…高額軽キャン『AMAHO』が初のランクイン 11月
  5. 阪和道などの4車線化工事が12月18日完成、大阪⇔和歌山が便利に
  6. マツダ3、250馬力の2.5ターボ設定…2022年型を今冬米国発売
  7. メルセデスベンツ Aクラス、現行初の大幅改良へ…新メッシュグリル見えた!
  8. ルノー カジャー 後継、車名は『オーストラル』に決定…CセグSUV
  9. トヨタがWRCで戦うGR YARIS Rally1 を公開、豊田社長デモラン
  10. テスラ『サイバートラック』、4モーター車から生産へ…2022年
ランキングをもっと見る