幻の日産「MID4」がついに現実に!? 謎のアルピーヌ開発車両をスクープ

カモフラージュが施されたアルピーヌ『A110』の開発車両(スクープ写真)
カモフラージュが施されたアルピーヌ『A110』の開発車両(スクープ写真)全 14 枚写真をすべて見る

カモフラージュが施されたアルピーヌ『A110』の開発車両。スクープサイト「Spyder7」がニュルブルクリンク付近で捉えたこの謎のモデルが何を意味するのか。日産版ミッドシップスポーツの実現はあるのか?

A110は、初代「A110」から40年経過した2017年のジュネーブモーターショーで復活。アルピーヌブランドとしては、1991年の「A610」以来となる新型車として話題となった。

1.8リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンは、最高出力は252ps、最大トルク320Nmを発揮し、7速デュアルクラッチトランスミッションと組み合わされる。0-100km/h加速は4.5秒、最高速度は250km/h(電子制御)のパフォーマンスを実現。最高出力292psまでアップグレードされた『A110S』は、0-100km/h加速4.4秒、最高速度260km/hをマークする。

カモフラージュが施されたアルピーヌ『A110』の開発車両(スクープ写真)カモフラージュが施されたアルピーヌ『A110』の開発車両(スクープ写真)写真をすべて見る
ニュルブルクリンク付近で捉えたプロトタイプは、ボディ前後をカモフラージュしていることからフェイスリフトと見るのが順当だろう。しかし、アルピーヌがフェイスリフトの開発車両をわざわざドイツに持ち込みテストしていることや、発売から5年というタイミング、ホイールを除いてエクステリアのデザインに変更はないなど、いくつか疑問が残る。

わずかな可能性としては、ロータスの「エレクトリック・スポーツカー・アーキテクチャ」を採用するA110後継モデルや、日産版A110と噂される新型ミッドシップなどのテストミュールの可能性も残されている。日産版A110の登場は2018年ごろから噂されている。A110は、ルノー日産アライアンスが開発したユニットを搭載しており、発売の可能性は十分ある。

日産版 A110 予想CG日産版 A110 予想CG写真をすべて見る
日産のミッドシップ・スポーツと言えば、1987年に公開されたコンセプトカー『MID4 II』を思い出す。最高出力330馬力のV型6気筒DOOHCツインターボ+インタークーラーを搭載する4WDスポーツは、その流麗なスタイリングと相まって多くのスポーツカーファンの心を惹きつけた。しかし高性能ゆえに高価格化は避けられず市販化は見送られており、日産ミッドシップ・スポーツの夢が30年以上の時を超えて叶えられることに期待せずにはいられない。

一方ロータスと共同開発となる後継EVの場合、登場は2024年以降となっており、まだまだ時間がかかりそうだ。この謎のプロトタイプの新情報が入り次第、お伝えしていこう。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

【画像】幻の日産「MID4」がついに現実に!? 謎のアルピーヌ開発車両をスクープ(14枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【マツダ2 新型試乗】これってホントにマイナーチェンジですよね?…竹岡圭
  2. 【ネクセンタイヤ WINGUARD ice2 試乗】タテとヨコのグリップバランスが良いスタッドレスタイヤ…橋本洋平PR
  3. ブガッティ『チェントディエチ』、気温45度での耐熱テスト完了…320km/hでの走行も
  4. ルノー カジャー 次期型に日産「e-POWER」搭載はあるか? 日本再導入の可能性は
  5. 街で目立つ!!…ドゥカティ スクランブラー にアーバン・モタード[写真15点]
  6. 曙ブレーキ製品、中国・吉利汽車グループの高性能SUV「Lynk & Co 05+」に採用
  7. VW『ID.5 GTX』、EV初のSUVクーペ…市販版は11月3日発表へ
  8. 信号機のない横断歩道、止まらない都道府県ワーストは「岡山」…JAF調べ
  9. 中国、経済成長に急ブレーキ…ソニーは広告法違反で1800万円罰金[新聞ウォッチ]
  10. 復活の『インテグラ』、これが市販型デザインだ!
ランキングをもっと見る