風力発電の電気で製造…BMW i3 フォーエバー仕様 11月に欧州で発売

発売から8年が経過したi3の特別モデル

専用のデザインと充実した装備が特長

スポーツ版の『i3s』のモーターは最大出力184hp

BMW i3 フォーエバー・エディション
BMW i3 フォーエバー・エディション全 5 枚写真をすべて見る

BMWは2021年11月から、欧州向け『i3』に「ユニーク・フォーエバー・エディション」(Unique Forever Edition)を設定する。9月22日、BMWが発表した。

発売から8年が経過したi3の特別モデル

BMW i3 フォーエバー・エディションBMW i3 フォーエバー・エディション

BMWグループは2011年、サスティナビリティを重視したライフスタイル提案ブランドとして、「BMW i」を立ち上げた。BMW iの市販モデルの第一号車として、2013年9月から生産を開始したのが、EVおよびプラグインハイブリッド車(PHV)の i3だ。

新しいスペシャルエディションとして用意されるユニーク・フォーエバー・エディションは、世界初のプレミアムEVとして設計された i3のユニークなキャラクターを表しているという。i3は電動パワートレインだけでなく、カーボンファイバー強化プラスチック(CFRP)で作られた軽量のパッセンジャーセルを採用した。

BMW i3 フォーエバー・エディションBMW i3 フォーエバー・エディション

インテリアには、天然素材とリサイクル素材を使用し、持続可能性を追求する。発売から8年が経過した現在でも、i3はゼロエミッションのシティモビリティとして、世界的に認められた象徴的存在、と自負する。

専用のデザインと充実した装備が特長

BMW i3 フォーエバー・エディションBMW i3 フォーエバー・エディション

ユニーク・フォーエバー・エディションは、専用のデザインと充実した装備が特長だ。i3としては初めて、2種類のBMWインディビジュアルペイント仕上げが選択できる。アベンチュリンレッドメタリックのボディカラーは、フローズングレーメタリックのアクセントと組み合わされた。一方、ストームベイメタリックのボディカラーは、フローズンE-コッパーのアクセントと組み合わされている。フロントグリルの内部も、それぞれのアクセントカラーで仕上げられた。

その他の特別な装備には、トランクリッドのトリムストリップとモデルレタリングの省略、リアバンパーの黒いインサートがある。インテリアには、ヴェルナスカのダークトリュフレザーをはじめ、レザー仕上げのインストルメントパネル、ダークマットオークのウッドトリムなどが採用された。レザー製ステアリングホイール、カラムグレーのルーフライニング、アンビエントライトには、専用仕上げが施される。フロントヘッドレストには「Unique Forever」のロゴが刺繍されており、ドアミラーのドアトリムパネルには「One of 2,000」の文字が添えられた。

BMW i3 フォーエバー・エディションBMW i3 フォーエバー・エディション

ユニーク・フォーエバー・エディションは、ドイツ・ライプツィヒのBMW工場で2000台を世界限定生産する。製造には、工場敷地内の風力タービンで発電した電力のみを使用する。持続可能な方法で製造されたフォーエバー・エディションは、350台がドイツ国内向けに販売される予定だ。

スポーツ版の『i3s』のモーターは最大出力184hp

ユニーク・フォーエバー・エディションは、i3とスポーツ版の『i3s』が用意される。i3のモーターは最大出力170hp、最大トルク25.5kgmを発生する。i3では0~100km/h加速7.3秒、最高速150km/h(リミッター作動)の性能を発揮するモーターとなる。

i3sの場合、モーターは、最大出力184hp、最大トルク27.5kgmを発生する。動力性能は、0~100km/h加速6.9秒、最高速150km/h(リミッター作動)となる。

バッテリーに関しては、大容量バッテリーを搭載し、航続を拡大した「120Ah」仕様となる。120Ahでは、バッテリーの大きさは従来通りながら、蓄電容量を従来の「94Ah」の33.2kWhから42.2kWhへ、27%大容量化。これにより、1回の充電での航続(NEDC:新欧州サイクル)はi3sの場合、最大280kmから345kmへ、およそ2割の航続拡大を実現した、としている。

《森脇稔》

【画像】風力発電の電気で製造…BMW i3 フォーエバー仕様 11月に欧州で発売(5枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【日産 ノートオーラ 新型試乗】「よくできました」けど今時じゃ普通?…中村孝仁
  2. 隠れた鉄道ジャンクション、蒲田で「電車まつり」…3社駅長が集合 10月26-31日
  3. マニアック?! 懐かしの名車210台が集結…カーフェスティバルin川島町
  4. 「原付2種」は最強のシティコミューターなのか? 主要3メーカーのスクーターを乗り比べ
  5. 三井ダイレクト損保、バイク保険の取扱い開始
  6. レンジローバー 新型が登場…ラグジュアリーSUVの頂点はゆずらない
  7. 【ハーレー スポーツスターS 試乗】ポルシェも乗り越えた水冷化!初めてのハーレーにうってつけな「S」…青木タカオ
  8. 【ヤマハ NMAX 試乗】『マツダ3』を彷彿?日常の足と割り切るのはもったいない…伊丹孝裕
  9. 電動化してはいけない!! 第1位は日産 GT-R…発表【48時間アンケート】
  10. カスタマイズは7500通り…アバルト 595 に期間限定プログラム
ランキングをもっと見る