ZF、コネクトモビリティ向けサービスの共同開発を強化…ソフト企業への出資比率引き上げ

ZFとソフトウェア企業の「doubleSlash」の首脳
ZFとソフトウェア企業の「doubleSlash」の首脳全 1 枚

ZFは10月1日、2016年に買収したソフトウェア企業の「doubleSlash」への出資比率を、40%から51%に引き上げた、と発表した。

doubleSlashはドイツに本拠を置き、車載向けなどのソフトウェアの開発を手がけている。売上高は過去5年間で1000万ユーロから2500万ユーロに、2.5倍増加。従業員数は120名から250名に、2倍以上増えている。1999年に設立された同社のフリードリヒスハーフェン本社には、現在ソフトウェアイノベーションセンターが建設されている。

両社が共同開発したソフトウェアソリューションのひとつが、無線アップデートだ。スマートフォンと同様に、車両のソフトウェア機能は、モデルライフ全体を通じて最新の状態に保つことができる。スマートフォンやWLAN接続を介して、ワイヤレスまたは無線でソフトウェアの更新を受信できる。

またdoubleSlashは、自動車セキュリティのスペシャリストとして、データの安全な送信などのノウハウを提供している。今回の出資比率の引き上げにより、両社はコネクテッドモビリティ向けのソフトウェア製品とサービスの共同開発を強化していく。

なお、ZFはdoubleSlashへの出資比率の引き上げ後も、doubleSlashは引き続き、市場で独立して運営される、としている。

《森脇稔》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ミドシップスポーツカー開発開始!!…トヨタ、ダイハツ、スズキ共同
  2. 「こいつ…、動くぞ」総排気量7ccの超小型エンジン組み立てキット 予約開始
  3. キャンピングカー人気ランキング…高額軽キャン『AMAHO』が初のランクイン 11月
  4. 伊藤かずえの『シーマ』、新車のように復元、NISSAN CROSSINGで12月8日より展示
  5. 阪和道などの4車線化工事が12月18日完成、大阪⇔和歌山が便利に
  6. マツダ3、250馬力の2.5ターボ設定…2022年型を今冬米国発売
  7. ルノー カジャー 後継、車名は『オーストラル』に決定…CセグSUV
  8. メルセデスベンツ Aクラス、現行初の大幅改良へ…新メッシュグリル見えた!
  9. スバリスト向けアプリ「SUBAROAD」登場…スバル車に最適なドライブコースを提案
  10. トヨタがWRCで戦うGR YARIS Rally1 を公開、豊田社長デモラン
ランキングをもっと見る