BMW 2シリーズ・アクティブツアラー 新型にPHV、EVモードは航続80kmに拡大

出力の異なる2種類のPHVを設定

オプションの「アダプティブMサスペンション」

新世代「BMW iDrive」をコンパクトカーに初搭載

BMW 2シリーズ・アクティブ・ツアラー 新型のPHV
BMW 2シリーズ・アクティブ・ツアラー 新型のPHV全 27 枚

BMWは10月6日、新型『2シリーズ・アクティブツアラー』に2022年夏、プラグインハイブリッド車(PHV)を欧州で追加すると発表した。第5世代の「BMW eDrive」テクノロジーを搭載し、EVモードの航続を拡大する。

出力の異なる2種類のPHVを設定

新型にはPHVグレードとして「230e xDrive」と「225e xDrive」の2種類が用意される。電気モーターは、パワーエレクトロニクスやトランスミッションと一体設計された。最新のバッテリーセルと充電技術も導入する。高電圧バッテリーは、フラットなデザインで、車両の床下の低い位置にレイアウトした。これにより、重心が低くなり、敏捷性にプラスの効果をもたらすという。

どちらのモデルも、リアアクスルに電気モーターを搭載し、モーターは後輪を駆動する。フロントには、最新の「BMWツインパワー」テクノロジーを採用した直列3気筒ガソリンエンジンを搭載し、エンジンのパワーが前輪を駆動する。

230e xDriveは最大出力150hpのエンジンに、最大出力 177hpの電気モーターを組み合わせて、PHVシステム全体で326hpのパワーを引き出す。225e xDriveの場合、最大出力136hpのエンジンに、最大出力 109hpの電気モーターを組み合わせて、PHVシステム全体で245hpのパワーを獲得する。

高電圧バッテリーの蓄電容量は、16.3kWhに大容量化した。この効果で、EVモードは最大80km(WLTPサイクル)に拡大する。充電出力も、従来型の3.7kWから7.4kWに増やした。これにより、フル充電にかかる時間を約2時間30分とした。また、家庭用コンセントでは、充電は約8時間で完了する。BMW 2シリーズ・アクティブ・ツアラー 新型のPHVBMW 2シリーズ・アクティブ・ツアラー 新型のPHV

オプションの「アダプティブMサスペンション」

剛性を高めながら軽量化を図ったボディ構造、従来型よりも長いホイールベースとワイドなトレッドを採用した。ステアリングの精度と敏捷性は、フロントのシングルジョイントスプリングストラット、リアの3リンクの改良によって強化された。標準装備のホイールスリップ制限機能により、トラクションと車両安定性を向上させた。オプションの「アダプティブMサスペンション」には、周波数選択ダンピング、スポーツステアリング、車高の15mmダウンが含まれている。

最新の先進運転支援システム(ADAS)を導入する。ブレーキ機能付きクルーズコントロール、レーンデパーチャーウォーニング、回避アシスタント、フロントコリジョンウォーニングが標準装備される。フロントコリジョンウォーニングは、右左折時に歩行者や自転車、対向車に反応する。リバースアシストカメラとリバースアシスタントを含むパーキングアシスタントも標準装備された。オプションには、ステアリング&レーンコントロールアシスタント、ストップ&ゴー機能付きアクティブクルーズコントロール、アクティブナビゲーション、BMWヘッドアップディスプレイ&サラウンドビュー、リモート3Dビュー、BMWドライブレコーダー、リモート盗難レコーダーなどがある。

車両の機能は、リモートソフトウェアアップグレードによって改良される。また、顧客は「ファンクション・オン・デマンド」を利用して、ストップ&ゴー機能付きアクティブクルーズコントロールを含む「Driving Assistant Plus」などを、後付けで車両にインポートすることができる。BMW 2シリーズ・アクティブ・ツアラー 新型のPHVBMW 2シリーズ・アクティブ・ツアラー 新型のPHV

新世代「BMW iDrive」をコンパクトカーに初搭載

プレミアムコンパクトセグメント向けの新世代「BMW iDrive」が初めて搭載される。BMWのコンパクトセグメントモデルに初めて搭載された新世代のBMW iDriveは、「BMWオペレーティングシステム8」をベースにしている。

新世代のBMW iDriveは、「BMW カーブドディスプレイ」と標準でリンクしている。最新のグラフィックスとメニュー構造、幅広い能力を備えた「BMWインテリジェントパーソナルアシスタント」も採用する。 BMWカーブドディスプレイのフルデジタルディスプレイは、10.25インチのインフォメーションディスプレイと10.7インチのコントロールディスプレイで構成されている。新しいBMW iDriveは直感的に操作できるという。

オプションのクラウドベースのナビゲーションシステム、「BMWマップ」は、コントロールディスプレイの拡張ビュー機能が利用できる。車載カメラを使用すると、乗員は移動中に撮った写真を、スマートフォンに送信できる。新しい5Gモバイルテクノロジーで作動する「パーソナルeSIM」、スマートフォンとApple「CarPlay」やグーグル「Android Auto」との連携をさらに効率化する「BMW ID」を利用することも可能、としている。

《森脇稔》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. メルセデスベンツ Eクラス 次期型、プロダクションモデルを初スクープ
  2. 米トヨタ、『GRカローラ』準備か…公式インスタにプロトタイプ
  3. 魅力的な“横顔”を見せてくれる、美しい『RAYS』ホイールに履き替える意味PR
  4. 日本の名車をホットウィールで体感! 実車以上に迫力あるディティールを手のひらで所有する幸せPR
  5. テスラユーザーが殺到している「調音施工」BAM シートの効果とは
  6. 三菱 ふそうエアロエース、左側後写鏡がワンマンバス構造要件に抵触するおそれ…リコール
  7. 日産の次世代クロスオーバーEV『チルアウト』、市販版を英工場で生産へ
  8. レクサス『RZ』、ブランド初のEV専用モデルはクロスオーバー車に
  9. 【スバル WRX S4 新型試乗】500万円以下で買えるのは相当なバーゲンプライスだ…中村孝仁
  10. ホンダ、N-VAN 8万5000台をリコール…CVT不具合で走行不能となるおそれ
ランキングをもっと見る