テスラ「プラッドS+」計画はまだ生きているのか? 謎のモデルSをニュルで激写

迫力のエアロパーツを装着した謎のテスラ モデルS プロトタイプ(スクープ写真)
迫力のエアロパーツを装着した謎のテスラ モデルS プロトタイプ(スクープ写真)全 24 枚写真をすべて見る

テスラ『モデルS』の最強モデル「プラッド(Plaid)」をベースとした謎の開発車両を、スクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。聖地ニュルブルクリンクで走行テストをおこなうこのクルマは、「高性能すぎる」として凍結されたあのモデルなのか…?

テスラはモデルSの高性能グレード「Plaid」(プラッド)を6月に設定。3基の電気モーターを積み、システム合計で1100hpを発揮するAWDだ。また動力性能は0-96km/h加速は1.99秒、最高速度321km/h(200mph)という圧倒的パフォーマンスを持つ。9月には、ニュルブルクリンク北コースにて7分30秒909のコースレコードを叩き出し、ポルシェ『タイカン』の持つ7分42秒3の記録を約12秒短縮、世界最速の量産EVの称号を手に入れたばかりだ。

謎のテスラ モデルS プロトタイプ(スクープ写真)謎のテスラ モデルS プロトタイプ(スクープ写真)
そしてプラッドといえば記憶に新しいのが、さらなるパフォーマンスモデルとして登場を予定していた「プラッドS+」が凍結されたことだろう。このプラッドS+は、驚異の航続840km、0-100km/h加速はケーニグセグ『ジェメラ』の1.9秒はもちろん、現在EV最速のリマック『ネヴァーラ』の1.85秒さえも視野に入れていると噂されたモンスターEVだが、イーロン・マスクCEOは高性能すぎることを理由に発表を見送った。

そして今回のスクープ車両だ。ニュルブルクリンクで目撃されたモデルSは、カモフラージュを一切付けず、低いフロントスポイラー、大型のセラミックブレーキ、アクティブリアウィングを装備しており、かなりアグレッシブな姿が見てとれる。現段階でこのプロトタイプの正体は不明で、車両を操作するソフトウェアのアップデートテストである可能性もあるが、噂の「プラッドS+」に期待したい。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【トヨタ GR 86 & スバル BRZ 新型試乗】公道では評価が逆転!? 86×ATの意外な面白さ…中谷明彦
  2. 【トヨタ アクア 新型試乗】ヤリスとは違う、日本専用だからできた「小さな高級車」…御堀直嗣
  3. VWの新型EVセダン『ID.ビジョン』市販化へ!航続距離700km、ワゴンタイプも設定か
  4. 大きすぎるリスク…横浜市の新交通システム、横浜シーサイドラインが「参画せず」
  5. スズキのコンパクトSUV、『Sクロス』登場…SX4 Sクロス 後継[詳細写真]
  6. 【VW アルテオン 改良新型】内外装を最新ラインにアップデート、より上級志向に[詳細画像]
  7. その名は「不死鳥」…フェラーリ『F50』を現代に蘇らせたらこうなった
  8. 50台限定モデル「RS 3 Sportback 1st edition」オンライン予約販売が開始
  9. レイズ・グラムライツ57Dの新作は“ネオクラシック”…トレノやロードスター向けホイール
  10. なぜ、旧車を所有する? デザインが好きで、長く乗り続けたい…旧車好きの声
ランキングをもっと見る