頭金0円・月々定額で「ハーレー乗り」に…諸費用コミコミのリースプログラム登場

HARLEY|バイクリース
HARLEY|バイクリース全 4 枚写真をすべて見る

ハーレーダビッドソンジャパンは、頭金0円・月々定額・諸費用コミコミで「ハーレー乗り」になれる初のリース販売プログラム「HARLEY|バイクリース」を10月18日より開始する。

HARLEY|バイクリースは、車両本体価格に加え、登録諸費用、基本的なメンテナンス・維持費(HARLEY|メンテナンスパック)、保険(自賠責保険・任意保険)、税金(軽自動車税・重量税)を加えた月々定額のリース販売プログラム。リース期間は3年(残価率50%)または5年(同30%)。残価売却予想価格を設定するため、月々の支払いを軽減できる。対象車両は新車全モデル。例えば今秋発売予定の新モデル『スポーツスターS』(185万8000円)の場合、3年リースなら月額5万0820円で乗ることができる。

納車時のカスタム費用をリースに組み込むことも可能。また、リース満了時も「乗り換え」「契約延長」「買取」「返却」から選択できる。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【トヨタ GR 86 & スバル BRZ 新型試乗】公道では評価が逆転!? 86×ATの意外な面白さ…中谷明彦
  2. 【トヨタ アクア 新型試乗】ヤリスとは違う、日本専用だからできた「小さな高級車」…御堀直嗣
  3. 大きすぎるリスク…横浜市の新交通システム、横浜シーサイドラインが「参画せず」
  4. VWの新型EVセダン『ID.ビジョン』市販化へ!航続距離700km、ワゴンタイプも設定か
  5. スズキのコンパクトSUV、『Sクロス』登場…SX4 Sクロス 後継[詳細写真]
  6. 【VW アルテオン 改良新型】内外装を最新ラインにアップデート、より上級志向に[詳細画像]
  7. その名は「不死鳥」…フェラーリ『F50』を現代に蘇らせたらこうなった
  8. 50台限定モデル「RS 3 Sportback 1st edition」オンライン予約販売が開始
  9. なぜ、旧車を所有する? デザインが好きで、長く乗り続けたい…旧車好きの声
  10. レイズ・グラムライツ57Dの新作は“ネオクラシック”…トレノやロードスター向けホイール
ランキングをもっと見る