モリタの大風量+大量放水のタービン式消火装置…「アートな乗り物」に展示中

タービン式消防・消火装置「AIRCORE(エアコア)」
タービン式消防・消火装置「AIRCORE(エアコア)」全 11 枚

消防車のモリタは、11月28日までヌマジ交通ミュージアム(広島県広島市)で開催される企画展「アートな乗り物」に、タービン式消防・消火装置「AIRCORE(エアコア)」を出展している。

ヌマジ交通ミュージアムは、乗り物と交通の歴史を見て、触れて、体験できる国内でも珍しい博物館。古今東西の航空機、船舶、鉄道、自動車の技術や歴史を学べ、2000点以上の模型展示を中心に、直径20メートルの巨大パノラマや、広島電鉄650形654号(被爆電車)などの実物も展示されている。今回の企画展「アートな乗り物」では、古今東西作られてきた独創的な乗り物の一端を「魅せる」ことで、乗り物の新たな側面を紹介する。

広島市内初展示となるエアコアは、大型タービンの大風量と4700L/分の大量放水によって、大規模火災現場の冷却・排煙・消火を行う消火装置。初期消火から鎮火までマルチに活躍する。噴霧放水は延焼防止に威力を発揮。タービンによる強力な送風で水滴を大量に遠くまで飛ばし、水滴が気化する際の冷却効果により、短時間に少ない水で消火できる。

エアコアは直感的で簡単操作のジョイスティック式リモートコントローラーを採用。フルリモートコントロールで危険区域に先行する。クローラー式駆動走行により、悪路も走行できるほか、フロントシールドにより障害物も除去して走行。トンネル・倉庫・大規模工場火災における濃煙排除、有毒ガスの拡散等、様々な災害現場で活躍する。直状+噴霧放水直状+噴霧放水

企画展「アートな乗り物」は11月28日(日)まで開催(毎週月曜および11月4日、24日は休館)。開館時間は9時から17時。入場料は大人510円、高校生・シニア250円、中学生以下は無料。ヌマジ交通ミュージアムヌマジ交通ミュージアム

《纐纈敏也@DAYS》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ポルシェのEV『タイカン』がニュルで新記録、テスラ抜いた
  2. サンシェードでは車内温度の上昇を抑制できない!?【カーライフ 社会・経済学】
  3. レクサス『CT』が後継モデルへバトンタッチ!? SUV風で早ければ2023年登場か
  4. 【マツダCX-60】7月末時点での受注が6400台に、ディーゼルモデルに人気
  5. 1番速いドゥカティライダーは誰だ! 真剣勝負のレノボ・レース・オブ・チャンピオンズ…WDW2022
  6. ジャンボフェリー32年ぶりの新船「あおい」10月22日初就航、9月20日より先行予約開始
  7. 【日産 フェアレディZ 新型試乗】やっぱりZはイメージ通りの「デートカー」でした…竹岡圭
  8. ランボルギーニ 『ウルス』改良新型、パイクスピーク最速SUVに
  9. 日産 スカイライン のインフィニティ版『Q50』、最強グレードは405馬力[詳細写真]
  10. レクサス GX の米2023年型が発表、「ブラックライン」も引き続き設定
ランキングをもっと見る