ランチア ラリー037 や マツダ RX-3スポーツワゴンなど登場…名車オークション 10月25日より

コレクションカーオークション
コレクションカーオークション全 13 枚写真をすべて見る

ヤフオク!とBHオークションは、希少価値の高い名車に特化した第6回「コレクションカーオークション」を10月25日より開始する。

コレクションカーオークションは、希少価値の高い車に特化したオークションハウス「BH AUCTION」と日本最大級のネットオークションサービス「ヤフオク!」が協力して開催する安全性と透明性の高いオークション。今回も、オンラインの特性を活かし、車の情報、保管・整備状況に加え、個々の車の持つストーリーやオーナーの思いを、映像を含む豊富なコンテンツで紹介する。また、安全・安心でスムーズな取引ができるよう、入札時の本人確認を導入。取引完了後も、BH AUCTION による万全のサポート体制を整えている。

第6回となる今回のオークションテーマは「Race Cars for the Road(公道を走るレースカー)」。生産された217台のうちの第1号車である“奇跡の1台"ランチア『ラリー037』をはじめ、マンタイレーシングが手がけたポルシェ「911GT3 RS MR」、MotoGP参戦車両の遺伝子を受け継いだホンダ『RC213V-S』、超低走行距離のアルファロメオ『8Cコンペティツィオーネ』、オリジナルコンディションで希少なマツダ『サバンナRX-3スポーツワゴン』など、選りすぐりのコレクションカーをラインアップした。さらに第4回オークションで出品された希少車も新たな落札価格設定で再登場。また「シューマッハ着用のレーシングスーツ」をはじめとした、フェラーリ関連商品グッズも出品予定だ。

ランチア・ラリー037は世界ラリー選手権(WRC)に勝利するべく製造されたミッドシップ後輪駆動のラリー競技ベース車両。強くなりつつあった4WDモデルに果敢に挑み、WRCのチャンピオンにもなった。イタリアのピニンファリーナ社がデザインした気品あふれるボディデザインは当時「最も美しいラリーカー」と称され、今もなお独特の存在感と美しさを放っている。本個体はオリジナルパーツを極力残しつつ、さらに純正部品を探し求めてレストレーションに18年という歳月を費やした。ラリー037は217台生産された中の最初の1台であり、その証として「ZLA151R00000001」の番号が車体に刻まれている。

1982年ランチア・ラリー037ストラダーレ1982年ランチア・ラリー037ストラダーレ

また、ファンにはたまらない珠玉のポルシェ『911』も3台登場する。まずは3.6リットルM64型ターボエンジンを搭載するポルシェ「911ターボ」(通称:964ターボ3.6)をサンルーフあり/なしで2台同時に出品。生産台数1407台の希少モデルで、どちらも外装、純正スポーツシートに至るまで良好なオリジナルコンディションが維持されている。もう1台は希少なポルシェ911 GT3 RS MR(マンタイレーシング)。ドイツ発のレーシングチームでありポルシェチューンの名門、マンタイレーシング(MR)が手がけ「孤高のスプリンター」と称されている。自然吸気フラット6のレスポンスの良さと、路面を正確に捉える足回りを備えている。

ホンダRC213V-SはMotoGPで無類の速さを見せた「RC213V」のDNAを受け継ぐ公道走行対応モデル。本個体にはHCR(ホンダレーシング)より160万円で別途販売されたクローズドコース専用の「スポーツキット」を装着することで、最高出力は215psを発揮。コンディションも良好な、コレクター必見の1台だ。

ランチア・ラリー037(同型車)ランチア・ラリー037(同型車)

アルファロメロ8Cコンペティツィオーネは生産台数限定500台、走行距離はわずか234km。芸術的なカーボンボディに、最高出力450psを発生する4.6リットルV8 NAドライサンプエンジンを搭載している。ワンメイクレース「スーパートロフェオ」用車両として72台のみが生産されたランボルギーニ『ガヤルドLP570-4スーパートロフェオ』も出品予定だ。

また、富士ツーリストトロフィーレースでの「ハコスカGT‐R」50連勝を阻み、ロータリーエンジンがもつポテンシャルの高さを見せつけたロータリー・スペシャリティ、マツダ『サバンナRX-3スポーツワゴン』の出品も決定。サバンナは市場にあまり出回らないことで知られており、その中でもスポーツワゴンは当時の販売台数も少数でまさに幻の1台。12Aロータリーエンジンを積んだ希少ワゴンが本オークションに登場する。

ホンダRC213V‐S(同型車)ホンダRC213V‐S(同型車)

オークション期間は10月25日11時頃から31日20時頃。

出品アイテム

964型ポルシェ911ターボ3.6(同型車)964型ポルシェ911ターボ3.6(同型車)

・1975年マツダ サバンナRX-3スポーツワゴン
・1982年ランチア・ラリー037ストラダーレ
・2019年ポルシェ 911GT3 RS MR(991)
・1993年ポルシェ 911ターボ3.6(964)
・1994年ポルシェ 911ターボ3.6(964)
・2008年アルファロメオ8Cコンペティツィオーネ
・2013年ランボルギーニ・ガヤルドLP570-4スーパートロフェオ
・2016年ホンダ RC213V‐S
・1996年アストンマーチン・ヴィンテージ V550
・1976年パンサーJ72
・1991年ランドローバー・レンジローバー3.9 4ドア
・2001年BMW Z3 Mクーペ
・1995年トヨタ・スープラ SZ
・2001年TMI VM180ザガート
・2003年オペル・スピードスター
・1978年ヤマハTZ350
・ミハエル・シューマッハ着用レーシングスーツ(2005年F1ハンガリーGP)
・F-104 G Starfighter フェラーリ(L)(フェラーリのエアプレーンモデル)
・フェラーリ ネオンサイン
・フェラーリ312T2(ボディカウル)
・フェラーリ126C4 1984 F1フロントウイング
・フェラーリF40カーボン製シート(社外製/未使用)
・フェラーリ312 momo F1ステアリング
・フェラーリ250ステアリング
・ベネトンB193前後ホイールセット
・フェラーリ365GTB/4エンジン(木製オブジェ)
・フェラーリF1サイドポンツーン
・F-104 G Starfighter フェラーリ(S)(フェラーリのエアプレーンモデル)
・「Ferrari in Motion」(Clive Ellis作、オブジェ)
・「Rivals」デラックスエディション(Chris Nixon著、洋書)
・「Evoluzione 50」(Franco Reggiani作、オブジェ)

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. EVの補助金、80万円に引き上げ 経産省
  2. 【ヤマハ YZF-R7 開発者に聞く】「長いバンクセンサーは限界域の高さの裏返し」MT-07との違いとは
  3. 【シトロエン C4 & e-C4 海外試乗】醸し出す柔らかさはシートだけではない…南陽一浩
  4. 【トヨタ アクア 新型試乗】ヤリスとは違う、日本専用だからできた「小さな高級車」…御堀直嗣
  5. 子育て世代の軽自動車、利用率トップは『ワゴンR』…満足度は『スペーシア』
  6. ポルシェ 911サファリ 市販化へ着々と…3リットルターボ搭載で443馬力か
  7. 【トヨタ GR 86 & スバル BRZ 新型試乗】公道では評価が逆転!? 86×ATの意外な面白さ…中谷明彦
  8. トラックなのに自宅でくつろぐようなキャビン空間…ボルボトラック FH・FMXをモデルチェンジ
  9. 50台限定モデル「RS 3 Sportback 1st edition」オンライン予約販売が開始
  10. 【スズキ アルト 新型】7年ぶりのフルモデルチェンジ、マイルドハイブリッド搭載…ティザー[画像11点]
ランキングをもっと見る