世界強度レベルの車体骨格を成形…JFEスチールの工法がレクサス新型で採用

レクサスNXのルーフセンターリンフォース(ストレスリバース工法採用部品)
レクサスNXのルーフセンターリンフォース(ストレスリバース工法採用部品)全 4 枚写真をすべて見る

JFEスチールは10月22日、同社が開発したストレスリバース工法が、トヨタ自動車のレクサス『NX』の1.5GPa級高張力冷延鋼板を使用した部品製造に採用されたと発表した。

1GPaを超える超高張力鋼板は鋼板のプレス成形時、スプリングバックとよばれる成形後に元の形に復元する現象への対処が必要となる。ストレスリバース工法はJFEが開発したスプリングバックを抑制する成形工法。バウシンガー効果と呼ばれる変形の方向を逆にした直後、変形応力が小さくなるという鋼板特性を活かし、プレス成形時に材料に残る応力を低減させる。これにより、事前の金型制作にかかる時間やコストの削減が見込める。

今回、レクサスNXのルーフセンターリンフォースで、冷間プレスによる車体骨格部品の強度としては世界最高レベルとなる1.5GPa級高張力鋼板のスプリングバック抑制成形工法として採用された。

JFEは軽量化素材などの材料提供に加え、ストレスリバース工法をはじめとする様々な技術を納入先の製品開発や商品性能向上が図れるソリューションも提供している。

レクサスNXのルーフセンターリンフォース(ストレスリバース工法採用部品)レクサスNXのルーフセンターリンフォース(ストレスリバース工法採用部品)

《レスポンス編集部》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ドライブ中の急激な眠気は「血糖」が影響していた!? そのメカニズムを専門家に聞いたPR
  2. タカタ製エアバッグ未改修車の車検停止で車種追加…スバル インプレッサ とシボレー ソニック
  3. トヨタ カローラ に2022年型、「GR SPORT」設定…1月末欧州発売へ
  4. EVの補助金、80万円に引き上げ 経産省
  5. 【ヤマハ YZF-R7 開発者に聞く】「長いバンクセンサーは限界域の高さの裏返し」MT-07との違いとは
  6. 子育て世代の軽自動車、利用率トップは『ワゴンR』…満足度は『スペーシア』
  7. 【シトロエン C4 & e-C4 海外試乗】醸し出す柔らかさはシートだけではない…南陽一浩
  8. 【トヨタ アクア 新型試乗】ヤリスとは違う、日本専用だからできた「小さな高級車」…御堀直嗣
  9. 【スズキ アルト 新型】7年ぶりのフルモデルチェンジ、マイルドハイブリッド搭載…ティザー[画像11点]
  10. トラックなのに自宅でくつろぐようなキャビン空間…ボルボトラック FH・FMXをモデルチェンジ
ランキングをもっと見る