メルセデスAMG G63の型式指定でミス…性能悪化などの問題はなし

メルセデスAMG G63
メルセデスAMG G63全 2 枚

国土交通省は10月22日、メルセデスAMG『G63』の自動車検査証(車検証)の騒音測定回転数を修正すると発表した。

G63の車検証の備考欄に記載されている騒音測定回転数(近接排気騒音を測定する際のエンジン回転数)が「4500rpm」となっているが正しくは「4000rpm」で、誤りがあることが判明した。誤りによる騒音悪化などの問題はないものの、次回車検の際に騒音測定回転数を訂正した車検証を交付するとしている。対象は約1700台。

輸入元のメルセデス・ベンツ日本が型式指定の際、騒音測定回転数に影響がある過回転防止装置作動回転数が未記載で提出したのがミスの原因。

国土交通省では再発防止策としてメルセデス・ベンツ日本に提出データの入力漏れを自動的にチェックするようにシステムを改修することを指示した。

メルセデスAMG G63メルセデスAMG G63

《レスポンス編集部》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 「こいつ…、動くぞ」総排気量7ccの超小型エンジン組み立てキット 予約開始
  2. マツダ3、250馬力の2.5ターボ設定…2022年型を今冬米国発売
  3. アイディア、超小型4輪EV『AA-i』初公開…4輪車の安心感と2輪車の手軽さを両立
  4. デンソー、電動化や新モビリティへの技術対応を強化 2022年1月付け組織改正
  5. マツダ2 ハイブリッド、2022年春より欧州に導入…ヤリス ハイブリッドOEM
  6. 昭和の車で妙義山のワインディングを満喫…甘楽クラシックカーフェスティバル&ラリーツーリング
  7. 阪和道などの4車線化工事が12月18日完成、大阪⇔和歌山が便利に
  8. セーフティとセキュリティの高次元な両立を可能にする先進的な取り組みとはPR
  9. レクサス初の水素エンジン、最小オフローダーに搭載…ROVコンセプト発表
  10. メルセデスベンツ Aクラス、現行初の大幅改良へ…新メッシュグリル見えた!
ランキングをもっと見る