【ホンダ シビック 新型試乗】やっぱり「タイプR」を期待しちゃいますよね…竹岡圭

ホンダ シビック 新型
ホンダ シビック 新型全 12 枚写真をすべて見る

若者が一度は通る道だったモデルから、ちょっとの間遠ざかって…。でもまた戻ってきた。そんな感じが新型『シビック』にはありますよね。これでいわゆるFFコンパクトハッチバックのようなモデルがあれば、バッチリ復活というところなのでしょうが、いまや『フィット』がその存在を担っているので、シビックの立ち位置的にはこういったところなのでしょう。

しかし、やはりシビック。どんなカテゴリーやどんな姿になっても、シビックと言えばこれくらい~と、多くの方が想像するレベルのポテンシャル、昔から定評のある運動性能は名前に恥じないどころか、名前を誇りたいレベルでしっかりと具現化されておりました。

ホンダ シビック 新型ホンダ シビック 新型
平たく言うと、エンジンやプラットフォームのベースは先代モデルと同じものを使い、めちゃくちゃブラッシュアップさせたという感じなのですが、「爽快シビック」というコンセプトの通り、人間の感覚にリニアに対応してくれるフィーリングに仕上げられていたのです。

例えば、アクセルペダルを踏んだら踏んだ分だけ走っていくといった感じ。なので、誤解を恐れずに言うとホンの少しだけドッカンターボ的なテイストを残した先代モデルの方が、一見速いんじゃないか? 的な体感を伴うのですが、実際はパワーを的確にコントロールでき、そのパワーをきちんと受け止められるようになったボディと足回りを持っているのが新型なので、結果当然新型の方が速い!と言った感じの仕上がりと言えば伝わるでしょうか…。

ホンダ シビック 新型ホンダ シビック 新型
そんな走り味もさることながら、今回私がスゴイ!と思ったのはインテリア。エアコンの吹き出し口周りのメッシュパネルの処理が、レトロモダンな感じで実にお見事だったんです。実用的にも吹き出しの角度が大きく取れるということで、後部座席にもきちんと風が回るようになったんだとか。実用性とオシャレさの見事な両立ですよね。

ちなみにエクステリアも新型の方が私は好み。ガンダム世代ではありますが、クルマはこれくらいの方がいいな~(笑)。そうそう!6MTもあるのが嬉しいですよね。あとは、やっぱり「タイプR」を期待しちゃいますよね。

ホンダ シビック 新型ホンダ シビック 新型

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

竹岡圭|モータージャーナリスト、タレント 「クルマは楽しくなくっちゃネ!」をモットーに、さまざまな媒体で「喋って・書いて・走って」を実践する女性モータージャーナリスト。テレビのバラエティ番組のMCから、官公庁の委員まで、硬軟幅広く携わっている。モータースポーツでも、耐久レースやラリーレイドなど数々のレースに参戦、現在は全日本ラリー選手権に自らチームを立ち上げチャレンジ中。日本自動車ジャーナリスト協会(A.J.A.J.)副会長。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。

《竹岡圭》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 50台限定モデル「RS 3 Sportback 1st edition」オンライン予約販売が開始
  2. 【トヨタ アクア 新型試乗】ヤリスとは違う、日本専用だからできた「小さな高級車」…御堀直嗣
  3. トーヨータイヤ『OPEN COUNTRY A/T EX』は20代女子の「クルマといる時間」を劇的アップデート! どこまでも走りたくなる誘惑…PR
  4. VWの新型EVセダン『ID.ビジョン』市販化へ!航続距離700km、ワゴンタイプも設定か
  5. 【トヨタ GR 86 & スバル BRZ 新型試乗】公道では評価が逆転!? 86×ATの意外な面白さ…中谷明彦
  6. 【VW アルテオン 改良新型】内外装を最新ラインにアップデート、より上級志向に[詳細画像]
  7. その名は「不死鳥」…フェラーリ『F50』を現代に蘇らせたらこうなった
  8. 【ホンダ 将来安全技術】立ちゴケしない二輪姿勢制御技術…より自然な操縦ができるよう改良
  9. スズキのコンパクトSUV、『Sクロス』登場…SX4 Sクロス 後継[詳細写真]
  10. レイズ・グラムライツ57Dの新作は“ネオクラシック”…トレノやロードスター向けホイール
ランキングをもっと見る